【花嫁にも】ロングが映えるダウンスタイル風ゆる編みアレンジ

 

今回はロング〜スーパーロングの方専用のダウン風アレンジです。

ダウンスタイルと編みおろしの中間のようなスタイルで、長い髪を最大限活かせる女性っぽいフェミニンなスタイルです。

 

花飾りなどの植物系が合うデザインなので、ブライダルなどにもぴったりですね。

 

以下に作り方を詳しく書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

必要な髪の長さ・毛量

ロング〜スーパーロング専用アレンジですが、付け毛をつけるなどすればそれ以外の長さの方でも対応できると思います。

ですが地毛と付け毛部分があまりにも差が出すぎると繋がりが悪くなるため、ミディアムくらいが自然に作れる限界です。

 

毛量は普通〜多めの方が、ふわっとしたボリューム感が出やすくなります。

 

スタイルの作り方紹介

 

アレンジの手順とポイントの解説

ベースは25mmアイロンで全体を外巻きに巻きます。

そのあとにクッションブラシを入れて、しっかりとほぐしておきます。

クッションブラシを入れる前の状態

 

ブラシを入れたあとは、こんな感じで大きなウェーブが出てきます。

この状態から表面を巻き直していきます。

 

ランダムな感じで、表面に出てくる部分を中心に巻き直しましょう。

巻き直したら一度ブラシやコームでほぐしておくとやりやすいです。

 

両サイドをねじり編み

サイドの毛をざっくりとすくったら、耳下あたりからねじり始めるイメージでアウトラインを編んでいきます。

編むときに力は一切入れていません。

 

少しほぐしながら編んでいき、下までいったらそのまま置いておきます。

事前にベースで外に向かってしっかり巻いているので、編んだ毛束もそのままゆるくキープされます。

 

この作業を反対側も同じようにします。

 

編み終わりの端の毛を少量ずつすくって中央にゴムで結びます。

これで編んだ部分がキープされます。

 

スポンサーリンク

 

センターのトップ〜中間部分を整える

次にデザインの真ん中にあたる部分を作っていきます。

巻いた部分を強調させるようにスプレーで整えたり引き出したりして作っていきましょう。

 

毛先をフィッシュボーンで編む

この部分は説明が難しいので動画で見ていただくのがいいかと思います。

フィッシュボーンで編んだあと、一部の毛先を裏に回し、裏側の毛束と一緒にゴムで結んで固定しています。

 

そのあとに表面を綺麗に整えてなじませていきます。

 

後れ毛や前髪を整えたら完成です!

 

ロングが映えるダウンスタイル風ゆる編みアレンジ・完成1

ロングが映えるダウンスタイル風ゆる編みアレンジ・完成2

 

まとめ

ポイントは一切力を入れずに編むこと。

そうすることで、写真のようなゆるい編みおろしスタイルが完成します。

 

崩れが心配な方は、最後にしっかりとスプレーをかけて仕上げて下さいね。

 

以上、ロングが映えるダウンスタイル風ゆる編みアレンジでした。

 

スポンサーリンク