【ヘアアレンジ】華やかポニーテール風アップ

今回はポニーテール風なアップの紹介です。

ポニーテールのシルエットにしつつ毛先は全てピンで固定して作っています。

スプレーでしっかりと固めてしまえば髪が動かないので長時間一番いい状態をキープできます。

巻きが取れやすい方に特にオススメ!

 

こんな場面に

  • 結婚式
  • パーティー …など

華やかなシーンに合わせていただくと映えるスタイルです。

 

 

スポンサーリンク

 

ヘアスタイルのイメージ

ゆるやかに動かした表面とふわふわなポニー部分が特徴のスタイルとなっています。

きれい系、可愛い系のドレスどちらにも合いますのでお好みのシーンに合わせて華やかにしたい時にオススメです。

 

必要な髪の長さ・毛量

このスタイルをオーダーするのに必要な長さはセミロング〜ロングです。

毛量は普通以上あると最適です。

 

ただ、同じやり方で作る場合の話なので、違ったやり方でもシルエットや雰囲気を似せて作ることはできます。

その場合は長さや量が足りなくてもある程度は対応できると思います。

 

【ヘアアレンジ】華やかポニーテール風アップ

【ヘアアレンジ】華やかポニーテール風アップ

 

スタイルの作り方紹介

ここからはこのスタイルの作り方の紹介です。参考程度にご覧ください。

 

アレンジの手順とポイントの解説

ベースはざっくりコテで巻いておき、作りながら必要なところにその都度足していきます。

使用したコテは25mmのアイロンとストレートを少しだけ。

 

スポンサーリンク

 

☆耳辺りで前後に分け、後ろをポニーテール

ポニーテールは中間より気持ち上めに結びます。

結んだら、コテで軽く巻いておきましょう。

 

次にポニーテールにボリュームと高さを出していきます。

ポニーテール部分は上に避けておき、ピンとゴムを使用していきます。

画像は、アメピンにゴムを2つ引っ掛けておいたものです。

 

さきほど用意したアメピンとゴム2本を引っ掛けておいたものを避けておいたポニーテールのゴムより少し上辺りにとめます。

しっかりととめたら、ゴムを反対側に伸ばして反対側もアメピンで固定します。

 

これでポニーテール部分が上に折られた状態で固定されてボリュームと高さが出てきます。

 

☆両サイドもポニーテール

両サイドの足りない所に根元からカールを足していきます。

 

両サイドを最初のポニーテールの下でさらにポニーテールを作ります。

結んだら毛流れを引き出していくので、ざっくりとコテで作ったウェーブ部分を整えてわかりやすいようにしておくとやりやすいです。

 

結んだら、コテで毛先を巻いておきます。

 

サイドをウェーブに沿って引き出した状態がこちらです。

 

☆上のポニーテール部分をカールにしていく

ポニーテールを半分に分けたものをさらに二つに分けて、それぞれ外側に向かってツイストさせていきます。

ツイストさせたらダッカールで固定します。

この作業を両側してしまいます。

 

両側をツイストさせたら、下のポニーテールを上に避けておき、ツイストさせた部分を結んで固定します。

 

結んだら、7割〜8割程度の気持ちで引き出しておきます。

 

☆トップを作る

トップを上に被せて、コテで表面のみ巻き直して毛流れを整えておきます。

 

ざっくりで構わないので、トップを二つに分けて作っていきます。

ネジピンで仮止めしながら、毛流れを活かすように整えていきます。

片側出来たらクロスさせるように反対側も作っていきます。

 

次に上から出てきた毛先を処理していきます。

上の方で一旦アメピンでねじりどめしたものをさらにねじって下でとめます。

(どこの毛先かわかりにくかったら動画を見直して見てくださいね)

 

こうする事でポニーテール部分とカールに繋がりが出てきます。

 

☆全体を整えて仕上げ

 

全体を整えていきます。

バランスを見ながらさらに引き出していってください。

引き出す時に指先でリッジを出していくと動きが目立ちやすくなります。

 

最後に下の方で少し余った毛先をしっかりととめていけば完成です。

横から見たときのシルエットが上から下に向かって窄まるように意識するとバランスがよくなりやすいです。

 

まとめ

ポニーテール風シルエットのアップスタイルの紹介でした。

ポニーテールが好きだけど、巻きがすぐに取れてしまう方は毛が動かないようにピンで固定しているため、いい状態が長くキープできてオススメなスタイルです。

 

スタイリングのポイントは、ベースの作り方と引き出し方です。

工程自体とても細かいですが、この作り方をしなくてもそこのポイントだけ押さえておけば、質感や雰囲気を同じに作っていけます。

質感と雰囲気を寄せていけば、同じようなスタイルに見えてきますので、工程よりも大事なポイントになります。

ウェーブを緩く全体にうまく配置し、それを引き出しでうまく動かしていきましょう。

 

スポンサーリンク