着物にも合うルーズアレンジの紹介です。

上の部分はコテでふわっとさせ、シニヨン部分はパキっと仕上げてメリハリのあるデザインに仕上げました。

シニヨンをパキっと作る事で、カジュアルすぎない印象になります。

 

スポンサーリンク

 

こんな場面に

  • 結婚式
  • パーティー など

 

ヘアスタイルのイメージと解説

上はふんわりと仕上げ、シニヨン部分はパキっとさせたメリハリのあるデザインです。

全体をふんわりさせすぎるとカジュアルな印象が強くなりがちなので、一部にポイントを入れる事でルーズな印象を少し抑えました。

それによって、カジュアルにみせつつ上品な髪型に見せることができます。

 

シニヨン部分をパキっとした流れのデザインにしたので、アウトラインが綺麗に見え、簪もデザインの中に自然と溶け込みます。

 

必要な髪の長さ・毛量

このスタイルをオーダーするのに最適な長さはセミロング〜ロングとなります。

シニヨン部分のデザインがサイドの毛を使って作っているので、ある程度長さがないと足りなくなる為です。

毛量は普通以上あれば大丈夫です。

 

スポンサーリンク

 

スタイルの作り方紹介

ここからはこのスタイルの作り方の紹介です。参考にご覧ください。

 

アレンジの手順とポイントの解説

ベースは25mmのカールアイロンで表面を中心に根本〜中間をMIX巻きでカールをつけていきます。

最初に全て巻いてからでもいいですが、カールが取れやすい髪質の方の場合は巻きながら作っていく方がやりやすいので、髪質によってその辺は変えていくと良いと思います。

後ろの作り方

ベースで巻いた髪を耳の辺りで前後に分けて後ろの部分を下めで結びます。

結んだら、カールが付いている所を引き出して動きを出していきましょう。

 

次に、サイド(前髪ではない)をゴム部分にとめていきます。

ゆるくねじりを入れながら、ゴムの所に合わせてピンを打ちます。

結んだ部分をシニヨン土台にする

ゴムで結んだ部分をシニヨン土台にしていきます。

 

シニヨンの作り方はこちらで詳しく解説しています。

シンプルにまとめるシニヨン

 

リンク先で紹介しているやり方と全く同じやり方で作っています。

上から毛が被ってくるので、多少形がおかしくなっても大丈夫です。

シニヨンのデザイン部分の作り方

同じようにベースでカールをつけます。

 

3つ〜4つの束に分けてとめていきます。

ねじるというよりは、軽くひねりを入れるくらいの力加減でシニヨン部分に持っていき、ネジピンで仮止めして位置を決めていきます。

 

ネジピンをうまく使って、仮止めしていきます。

仮止めしたら、スプレーも使いながら毛先が外に向かって薄くなるように、丁寧に引き出していくとリッジが立ってきます。

 

サイドから持ってきていますので、中間辺りに隠しピンを打っておくと崩れにくくなります。

余った毛先は綺麗に丸めて、シニヨンの裏にアメピンでしっかりと固定していきます。

全体を整えて完成

もう一度全体をスプレーも使いながら細かく調整していったら完成です。

 

まとめ

こういったスタイルだと洋装との区別が出来なくなりがちですが、ヘアアクセサリーに和風のものや簪をうまく使う事で着物に合わせやすくなってきます。

きっちりまとめた和髪が苦手な方は、このくらいのルーズな髪型を試してみてはいかがでしょうか?

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク