今回はボリュームたっぷりのアップスタイルの紹介です。

成人式などの華やかな振袖に合うように意識し、クラシカルなシルエットにしつつ最近の流行りのニュアンスを加えて今っぽさをだしました。

 

スポンサーリンク

 

こんな場面に

  • 成人式
  • 結婚式(和装)
  • パーティー …など

華やかな場面にぴったりです。

 

ヘアスタイルのイメージ

クラシカルなシルエットで少し大人っぽいイメージです。

きっちりまとめずに表面を動かす事によって今っぽさをプラスしています。

 

それによって、成人式イメージですが、着物だけじゃなくドレスにも合わせていくことができます。

着物→2次会でドレスなどのシーンでも飾りを外したりつけ変えてしまえばどちらにもマッチしますね。

 

また、写真だとわかりにくいですがアシンメトリーなデザインになっているので、顔型が気になる方でもバランスよく見えます。

 

必要な髪の長さ・毛量

このスタイルをオーダーするのに最適な長さはロング以上です。

とはいってもかなり大きく仕上げたので、ここまで大きくしなくても大丈夫という方はミディアム程度あれば十分仕上げる事が出来ます。

 

必要な毛量は多い方が適しています。

ですが、すき毛も使っていくのである程度はカバー出来ると思います。

 

スポンサーリンク

 

スタイルの作り方紹介

ここからはこのスタイルの作り方の紹介です。参考程度にご覧ください。

※アレンジで使用している簪は華工房様からご提供頂いたものです。

 

 

スタイリングのポイント

生え癖などはなるべくオフした状態からスタートです。

作りながらその都度、25mmでカールをつけていきましょう。

顔周りはリバース、その他は基本ミックスで巻いています。

 

ベースの段階で全て25mmで巻いてしまった方が早いのですが、その都度巻きをつける方が表面の動きが計算しやすいのと、巻きが取れやすい方でもしっかりとカールを維持した状態で作っていける為、作りやすいかと思います。

 

このスタイルはすき毛が入っているので、作りたい大きさに合わせてすき毛を固定し全ての毛をその上に被せていくイメージで作ります。

ピン打ちはUピンをメインに使い、アメピンは補助で使います。

すき毛にしっかりと絡ませるイメージでピンをうっていきましょう。

 

スタイリング剤はヘアオイルとハードスプレーを使って仕上げていきます。

髪質にもよりますが、髪がパサ付いてる方だとカールをほぐした時にボサボサしやすいので、オイルをつけた方が綺麗に仕上がります。

 

動画では使っていませんが、実際に作る際は作りながらしっかりとハードスプレーで固めていきます。

見た目は柔らかく見えるけど、触ったらしっかりと固まっている状態に持っていくのがベストです。

 

前撮りなどの撮影でしたらそこまで固める必要もないかもしれませんが、外ですと風などの影響もありますのでしっかりと固めておく事をおススメします。

 

まとめ

クラシカルなシルエットで大人っぽいイメージにしたい方にオススメのヘアスタイルです。

柔らかいウェーブが今っぽさを出しているのでドレスにもマッチし、様々な場面で映えるかと思います。

 

スタイリングする時はベースはとにかくしっかりとカールをつけましょう。

ウェーブ感に艶を出す為に、オイルを馴染ませておくと綺麗に仕上がります。

 
スポンサーリンク