Uピン(ネジピン)のとめ方、使い方のテクニック

 

今回は意外と知られていない、

  • Uピンで髪の毛を固定する方法
  • Uピンを使ったちょっとしたテクニック

を紹介していきます。

 

Uピンをうまく使う事が出来れば、アレンジをより効率的に崩れにくく固定する事が出来るようになります。ぜひ活用してくださいね!

 

スポンサーリンク

 

Uピンがとまる場所、どんな場所に使えるのか?

Uピンの留め方を説明する前に、どんな場所に使えるのかを解説したいと思います。

 

Uピンとはその名の通り、U字の形をした形状のピンで、ピン自体には挟む力はありません。

ですから、このピンで髪の毛を固定しようと考える場合”土台”が必要になってきます。

 

ここでいう”土台”というのは髪の毛が動かない部分の事を指します。

この土台に対してUピンをとめる事で、しっかりと髪を固定していく事が出来るようになります。

 

土台の一例

土台(Uピンのとまる場所)の一例について解説していきます。

 

☆ゴムの部分

ゴムの部分は毛が動かず、芯のように硬くなっているので、しっかりとUピンが刺さります。

 

 

☆アメピンなどで固定している箇所

アメピンを使った付近の髪の毛は、動かない状態になっているのでUピンを刺して固定する事が出来ます。

 

あまりこういった使い方はしませんが、ちゃんと留まります。

 

☆梳き毛やしっかりと逆毛を立てた部分

写真のようなモシャモシャした部分(梳き毛、逆毛 etc.)にはUピンをとめる事が出来ます。

 

こんな感じで土台に刺すことで、しっかりとまります

 

Uピンのとめ方の手順&とめ方の例

Uピンはただ差し込むわけではなく、正しいとめ方があります。

ちゃんとしたとめ方を覚えれば、よりしっかりと固定する事が出来ます。

☆Uピンの刺し方

Uピンをとめる時は、とめたい向きと逆側に当て、ひっくり返して差し込んでいきます。

言葉だけだとわかりづらいので写真を用意しました。

逆側に当て、矢印のようにピンを返していきます。

 

返した状態です。

 

返した状態から押し込んでいきます。

こうする事で、より内部の髪の毛をしっかりとすくう事ができてちゃんと固定する事ができるようになります。

 

刺さりが甘いと感じた時は差し込む時に、毛の内部を縫うようなイメージで動かしながらとめるのも効果的です。

 

スポンサーリンク

 

☆Uピンの留め方の一例

ゴムで結んだものをしっかりと三つ編みし、ゴムの周りに巻きつけるように回していきます。

 

先ほど説明したように、まずは留めたい部分の逆側から先端を差し込みます。

 

くるっと返します。

こうする事で、シニヨン部分の毛と土台部分の毛を両方をすくうことができます。

 

ゴムを結んだ硬い芯に向かってゆっくりと差し込んでいきます。

これでしっかりと安定します。

念のため、逆側からもう1本同じようにUピンをとめるか、アメピンを入れておけば安心ですよ。

 

☆Uピンを使う上での注意点

Uピンは挟む力がないので、下から刺してしまうと歩いてる時の振動で抜けてきます。

Uピン使う時は、必ず開いてる方が床に向くように留めましょう。

 

しっかりとささっていれば横向きぐらいまでなら大丈夫です。

 

その他の使い方:仮止めとして使う

補足として、このような使い方もあります。

髪の毛を留める為ではなく、一時的な支えにするために利用する方法です。

よく海外のヘアセット動画などで見かけるやり方です。

このように毛の流れを固定した状態でハードスプレーで固定すると、立体的な毛流れが出来上がります。

 

他にも和髪を作る時に、毛の流れを優しく固定したい時にも使ったりします。

 

ダッカールで固定するには挟む力が強すぎる場合などもありますので、繊細な作業をするのに最適です。

※仮止めに使ったUピンは後で全て外します。

 

まとめ

出来るととても便利なUピンの留め方の解説でした。

 

ポイント!
  • Uピンをとめる時は、しっかりと返しをいれる事
  • 土台に向かってとめる事


この2つを抑えれば、Uピンでも髪を固定することができます。

 

そのほかにも、毛量の多い毛を一気にとめたい場合などに有効です。

Uピンは幅広く固定する事ができるので、アメピンを何本も使わないといけない場合でも、Uピンを効果的に使うことでピンの数を減らす事ができますよ!

 

合わせて読みたい関連記事

 

  • アメピンのとめ方を詳しく知りたい

本当の『アメピンの綺麗なとめ方』を徹底解説!

 

  • アップの基本デザインの一つ、シニヨンの作り方が学べます

和髪にも使える!簡単で早いシニヨンベースの作り方

 

  • 毛先を綺麗にしまいこむ、抱き合わせが学べます

アップスタイルの基本の土台、抱き合わせのやり方

 

スポンサーリンク