今回はよくある簡単なゴム隠しの中でも一番簡単で綺麗な隠し方と少しでも自然に綺麗に行うコツを解説していきたいと思います。

 

飾りやバレッタを使えばゴムを隠す必要もないですが、TPOをわきまえてシンプルに普通に隠したい時もあるかと思います。

そんな時に今回のゴム隠しは役立つと思いますので、ぜひ活用して頂けたらと思います。

スポンサーリンク

 

簡単なゴム隠しのやり方

ゴム隠しの方法だけでもいろいろと紹介されてますが、実際やってみると

髪の毛が絡まりやすい方(特にロングの方)は外すのが大変だったり…

後ろからは隠れているように見えても横からチラっと見えてしまったり…するものもあります。

 

そんな中で、一番綺麗で死角なし!やり方を解説していきたいと思います。

 

※なお、このやり方はアレンジスティックが必ず必要になります。

ゴム隠しの手順

よく動画などでも紹介されているアレンジスティックを利用したゴム隠しがこちら。

結んだあと、スティックをゴムの真ん中に差し込み、

 

一回転半巻きつけたら、アレンジスティックに通して下に引きます。

 

綺麗にゴムが隠せました。

 

・・・が、このやり方よく見ると気になる点があります。

ゴムは綺麗に隠れていますが、通した部分の髪の毛がチラっと見えて、馴染んでいませんよね。

 

なんとなく見ただけでは何とも思わない部分ではありますが、気づいてしまうと気になってしょうがなくありませんか・・・?

 

この部分を出ないようにするのは、ちょっとした事を工夫すれば簡単になくせます!

ゴム隠し:改良版

基本的なやり方は全て同じですがスタートの位置を変えてしまいます。

写真のように裏からアレンジスティックを差し込みます。

 

裏から髪の毛を少量すくいます。

スタートが裏からなので、ちょうど1週巻けばゴムが隠れます。

 

そのまま引き抜けば、綺麗にゴムが隠せます。

真裏から覗かれなければ、後ろも横も綺麗に隠れています!

表・裏の見え方比較

いかがでしょうか?

表から入れた場合と裏から入れた場合では見栄えが全然違います。

裏から入れた場合の方がシンプルに綺麗に隠せていると思います。

スポンサーリンク

 

おまけ:編みおろしなどに使えるゴム隠し

この隠し方はポニーテールというより、編みおろしの毛先をゴムで結んだ際の処理に役立ちます。

シンプルというよりはカジュアルな隠し方となります。

表側からアレンジスティックを差し込みます。

 

ゴムの下から毛を少しすくってスティックに通します。

 

引き抜くと写真のような状態になるので、これを広げていきます。

 

すると、このような状態になりゴムが隠せます。

このやり方は正面からは隠せていますが、横から見た時にはチラッとゴムが見えてしまいますので、ポニーテールのような広い範囲のゴム隠しには使いにくいです。

編みおろしの毛先を可愛く隠したい時などに活用してみてくださいね!

 

まとめ

ゴム隠しをより綺麗に行う為のちょっとしたコツの紹介でした!

ヘアアレンジはシンプルであればあるほど、ちょっとした事で見栄えが良くも悪くもなるので些細な事でもとても大事です。

 

「今まで、何でこうなるんだろう?」と思った方の疑問が少しでも晴れたなら幸いです。

 

アレンジスティックを利用した応用アレンジ

☆紹介したゴム隠しとは違うゴム隠しや、応用スタイルを別記事にて紹介しています!

ヘアバトンを使っておしゃれにゴム隠しする方法

アレンジスティックで作るバタフライリボンの作り方

 

☆今回 使用したアレンジスティックはこちらの記事にくわしく書いています。

【kugulinレビュー】使いやすいアレンジスティックを求めて

 

スポンサーリンク