【卒業式・髪型】ゆるウェーブが大人らしい。サイド編みおろしスタイル

 

卒業式の袴に合うサイドアレンジの紹介です。

 

袴の髪型で最近人気の編みおろしスタイルを、大人っぽいイメージでアレンジしてみました。

前髪にかけての大きめのゆるっとしたウェーブが、可愛くなりがちな編みおろしサイドを大人っぽく演出します。

  • 可愛いさを残しつつ、大人っぽいアレンジが好きな方
  • ゆるっとしたサイドアレンジが好きな方
  • 落ち着いた女性らしい雰囲気が好きな方

にオススメしたいアレンジです。

 

以下で、作り方を紹介しています。

スポンサーリンク

 

 

必要な髪の長さ・毛量

編みおろしスタイルは、自分の髪の長さでだいたいの仕上がりイメージがしやすいスタイルです。

 

画像くらいの長さの編みおろしですと、髪をサイドに流したときに胸にかかるくらいの長さがあれば近いイメージに仕上がります。

毛量は多い方が編み込んだ時のボリューム感が出やすくなりますが、このスタイルの場合はそんなに編んでいないので、毛量が少なめでも問題ありません。

 

【卒業式・髪型】ゆるウェーブが大人らしい。サイド編みおろしスタイル・前

【卒業式・髪型】ゆるウェーブが大人らしい。サイド編みおろしスタイル・横

 

スタイルの作り方紹介

 

アレンジの手順とポイントの解説

ベースは全て25mmのコテで作っていきます。

最初に毛先だけをざっくりと軽く巻いてほぐした後、ハチ上辺りを目安に根元からカールをつけるようにMIXで巻いていきます。

 

その後、表面の次の段に来る部分を中から引き出しながら同じくMIXで巻いていきます。

巻いた後は、軽くほぐして巻きの硬さをとります。

 

 

巻いた部分を結ぶ

巻きをつけた部分をしっかりとサイドに寄せた状態で緩めに結びます。

結んだ後は、巻いたカールを軽く引き出しながら整えていきます。

 

前髪の作り方

逆サイドをとめる前に先に前髪を作ってしまいます。

前髪は全て外巻きで巻いていますが、最初のスライスで巻きの位置の基準を決め、次のスライスからはカールのスタートを徐々に下へずらしながら巻きをつけていきます。

 

巻いたカールはざっくりほぐしながら、最初のゴムの部分を土台にしてピンで固定します。

スポンサーリンク

 

反対側の作り方

反対側も最初と同じようにカールをつけた後、2段に分けてロープ編み込みでとめていきます。

1本目の編み込み後はダッカールで仮止めします。

 

 

2段目の編み込みを終えた時点で、最初に結んだゴムの上からまとめてゴムで結び全て固定します。

この段階で全体をもう一度見直して、シルエットの確認と足りないところの引き出しをして調整しましょう

 

下ろし部分の作り方

サイドに流した髪の毛の表面の一部を2本ロープ編みしてゴムで結び、引き出して動きをだしていきます。

 

2本ロープ編みを入れて、ゴムで固定した状態です。

(この部分は三つ編みでも面白いですし、他のやり方でも全く違った動きが出てくるので、お好みで変えてしまってもOKです)

 

ゴム隠しは写真だとわかりにくいですが、和服に合いそうな細い組紐を巻きつけて隠しています。

 

サイドに飾りをつけたら完成です。

ちょっと控えめですが、もっと大きな飾りをつけたり、飾りの数を増やすなど、お好みで変えてください。

 

まとめ

サイドアレンジですので、胸もとの袴の柄を見せながらダウンスタイルが楽しめます。

また、帽子との相性もいいので、ベレー帽やハットをかぶったレトロモダンスタイルもおすすめです。

 

以上、卒業式の袴に合うサイドアレンジの紹介でした!

 

その他の卒業式アレンジはこちらから

◆明治・大正時代の女学生をイメージしたレトロかわいいハーフアップアレンジです。

【卒業式・髪型】ハイカラ女学生風レトロなハーフアップ(束髪くずし風)

 

スポンサーリンク