『簡単ヘアアレンジ』ピンなしヘアアクセで作るセルフ向けお団子アレンジ

 

今回のセルフ向けアレンジは上めのお団子アップの紹介です。

 

上めのアレンジはピン打ちがうまく出来ないとなかなか長時間固定する事が難しく、セルフでするのには難易度が高めです。

ですが、そんな上めアレンジもピンを使わず、ゴムとヘアアクセのみでしっかりと固定する方法をご紹介していきたいと思います。

 

アレンジのやり方

まずは動画で流れをご覧ください。

 

スポンサーリンク

アレンジの手順とポイント解説

 

※手順を追っていきながら、動画でわかりにくい部分を解説していきます。

 

今回のアレンジでは2種類のへアアクセサリーを使って固定していきます。

一つ目は僕の紹介するセルフアレンジではよく使う万能アクセのヘアバトン。

2つ目は、バレッタです。

この二つのヘアアクセサリーを使ってアレンジしていきますが、毛が固定出来る形状のものであれば違うタイプで代用も可能です。

 

スポンサーリンク

 

☆髪の毛を上目でポニーテールに結ぶ

毛先が硬い人や毛量の多い人は先に毛先を巻いておくとやりやすいです。

 

髪の毛を上目にポニーテールにしていきます。

後れ毛が欲しい方は残しておきましょう。

後れ毛は左右で揃えずに適当に残した方がナチュラル感が出てきます。

 

毛量が多く一発でうまく結べない場合は動画のように上と下で分けて結ぶとやりやすいです。

 

上と下で髪の毛を分けて結ぶ場合のコツとしては、分け目はジグザグに分けましょう。

ジグザグに分けておくことにより下を結んだ時、分け目が出にくくなります。

 

上を結んだ状態です。

上で結んだ位置が下を結ぶ時の基準になってくるので、ここで作りたい位置に結んでおきます。

 

ちなみに、あとで毛束をねじり編みしながら固定していきますが、結び目より前に毛束を持っていく事になるので、作りたい位置よりも若干下めに結ぶとちょうどいいかとおもいます。

 

下の毛束を上のゴムに合わせて結んだ状態です。

上と下の境目がほとんどわからなくなりましたが、さきほど上と下をジグザグスライスで分けたおかげです。

 

☆毛束をねじり編みしていきます

まず、毛束を中央で2本にわけて、それぞれねじり編みします。

ねじり編みした毛束を合わせてさらにねじり編みするように編み込んでいきます。

 

こうすることによって引き出した時により動きが出てきます。

最初は難しいと思うので、2つに分けたものをねじり編みするだけでも十分です。

 

ねじり編みの仕方はこちらで詳しく解説しています→ヘアアレンジで使ういろいろな編み方

 

ねじり編みする方向は動画では右回転となっています。

反対回転でやってしまうとお団子を作る時のまとめ方が動画と左右反対回りになるので、注意しましょう。

 

☆ねじり編みを固定していく

ねじった毛束を右からゴムの上に巻きつけるような感覚で回し、毛先はヘアクリップなどで仮止めしておきます。

 

仮止めが出来たら、ヘアバトンを使ってまず上側を固定していきます。

ヘアバトンはねじり編みの部分と頭皮部分を縫うように通して固定します。

ヘアバトンが取り付けられた段階ではまだダッカールは外しません。

 

この状態のまま髪の毛を引き出して崩していきましょう。

 

ある程度崩したらダッカールをずらしてバレッタを取り付けて毛先部分を固定していきます。

 

バレッタでとめた状態です。

この時も頭皮と毛先の毛をバレッタでしっかしと挟み込むように通して固定しましょう。

 

しっかり固定出来たら、残った毛先の処理をしていきます。

毛先は巻いて軽く動きをつけてもいいし、ピンを1本使う事になりますが、お団子の中に入れ込んでとめてしまってもOKです。

 

後れ毛を残した場合は、軽くカールをつけて完成です。

巻いた後に薄く割いてあげるとナチュラルな質感に仕上がります。

 

『簡単ヘアアレンジ』ピンなしヘアアクセで作るセルフ向けお団子アレンジ

『簡単ヘアアレンジ』ピンなしヘアアクセで作るセルフ向けお団子アレンジ

 

まとめ

ヘアアクセで作るお団子アレンジのご紹介でした!

ピンを使わないので慣れてしまえばどなたでも簡単にアップが楽しめるやり方です。

飾りをシンプルなものにしてカジュアルに髪をまとめてもいいし、パーティー仕様で服装と飾りを合わせて使っても良しなアレンジです。

 

スポンサーリンク