逆毛はコームさえあれば立てる事が出来ますが、コーム一つとってもいろんな種類があり、最初はどれを選んでいいのかわからないと思います。

ある程度慣れてしまえばどんなコームを使おうが立てられる事が出来るようになりますが、最初に使いにくいコームを選んでしまうと上達が遅れてしまう可能性がありますので気を遣って選んでいきましょう!

 

スポンサーリンク

 

☆コームの刃プラスチック+テールステンレスのコーム

逆毛に適したヘアコーム・プラスチック+テールステンレス

 

最初に選ぶコームとしては一番使いやすいと思います。

固さ、しなり具合ともにバランスが良いです。

固い毛質、柔らかい毛質どちらに対しても逆毛が立てやすく、オールマイティに使えます。

 

☆カーボン製の固いコーム

逆毛に適したヘアコーム・カーボン製

 

カーボン製のコームはとても固いため、あまりしなりません。

クシ目は粗いものと細かいものがあり、好みで選べます。

目の粗いものを選ぶと毛の引っかかりが悪い上にしならないので慣れないと逆毛が立てにくいですが、毛質が固くて逆毛が戻りやすい方には、しっかり根元に押し付ける事が出来るので使いやすいです。

 

☆プラスチック製の柔らかいコーム

逆毛に適したヘアコーム・プラスチック製

 

個人的にはあまり好きじゃないですが、もちろんこれをメインで使っている人もいます。

とても柔らかくてよくしなるので、柔らかい毛質にふわっと逆毛を立てるのにちょうどいいコームです。

ただ、固くしっかりと逆毛を立てたい時などにはコーム自体が柔らかいので、根元に押し込む力は弱めです。

 

 

まとめ

どれも一長一短なので好みで選んでもいいですが、 個人的に刃先プラスチック+テールがステンレスになっているものがオススメです

固さとしなり具合がちょうど良く、幅広い髪質をカバー出来ると思います。

また、クシ目は細かいものを選んだ方が逆毛を立てやすいですよ。

 

ただどれを選んでも髪質や状況によっては、使いやすかったり使いにくかったりと変わってくるので、ご自身で使い分け出来るのがベストです!

 

あなたにおススメな関連記事

  • 逆毛の立て方の基礎を中心に応用テクニックもまとめています。

逆毛の立て方 ボリュームの出し方と応用テクニック

 

  • これから本格的にヘアセットを学びたいという方へ

【プロ用】ヘアセット練習で最初に揃えたい道具の選び方

 

  • 僕が使用している道具が知りたい方はこちらで紹介しています。

実際の仕事で使用しているヘアセット道具を紹介

 

 

スポンサーリンク