ねじりを使った華やか下めルーズアップ画像 

 

今回は下めウェイトのスタイルですが、カール部分でボリュームを出した華やかなアップです。

 

下めアップにもいろいろありますが、下めでコンパクトにまとめたタイプが一般層だと人気があるように思います。

コンパクトにまとめる事で、上品で落ち着いた印象に仕上がります。

 

しかし今回のスタイルは、しっかりとボリュームを出したタイプのスタイルです。

落ち着いた印象を残しつつも、より華やかにしたい方にオススメです。

 

スポンサーリンク

 

必要な髪の長さ・毛量

このスタイルを作るのに一番ちょうど良い長さはミディアム〜ロングです。

しかし上部のデザインは他の長さでも作ることができるので、下のまとめ方を工夫さえすれば、他の長さでも大丈夫です。

 

毛量は多めでも少なめでも関係ありません。

 

ねじりを使った華やか下めルーズアップ・サイド

ねじりを使った華やか下めルーズアップ・バック

 

スタイルの作り方紹介

 

アレンジの手順とポイントの解説

ベースは髪質に合わせて作っていきます。

髪が柔らかければ必要最小限のベースでも十分つくることができます。

 

ブロッキングはこんな感じです。

髪を半分に分け、下をゴムで結んでおきます。

 

結んだ部分をまとめる

結んだ部分をまとめていきます。

この部分は全体の毛量や長さを見ながら、どれだけ髪の毛を出すのかを決めていきます。

 

今回は毛量と長さどちらも十分あるので、大半はしまいこみ、毛先のみ少量出してまとめています。

 

スポンサーリンク

 

トップの作り方

表面の毛束をすくってコテで巻いていきます。

巻きの強さや巻き方を変えるとニュアンスが変わるので、その辺はお好みで作ってください。

 

巻いた部分を軽くほぐしながら、ゴムの上でねじってピンで固定します。

真ん中は後からサイド部分が止まってくるので、ピンは軽めに固定しておく方が引き出しがやりやすくなります。

サイドの作り方

サイドは2〜3つに分け、ねじり編みを入れていきます。

編み目は途中で合体させてからピンでとめると、ピンの本数が減って後ろのデザインがすっきりします。

 

ピンで固定したら、毛束を引き出しておきましょう。

サイドはねじり3本入っていますが、中心で一つにまとめて固定する事によりデザインの中になじみやすくなります。

 

カールの作り方

カールは余った毛で作っていきます。

左右交互に髪の毛をねじりながら引き出してカールを作り、ピンでとめていくだけです。

 

右にカールを作ったら次は左、と交互に止めていくのがコツです。

毛束の止め方に規則性をもたせる事で、カールのバランスがよくなりやすく、誰が作っても同じデザインに仕上がります。

 

ある程度ねじってカールを作ったら毛先が余ってきます。

 

すっきりと固定してもいいですし、後れ毛のように遊ばせても大丈夫です。

この部分の作り方でスタイルに個性が出てくると思います。

 

全体を整えて完成

カールを固定し終えたら、もう一度全体のバランスを確認し、足りないところを引き出したりオイルなどで艶をだして完成です。

 

まとめ

カール部分は髪の毛の固定の仕方に規則性を持たせる事によって再現性の高いスタイルとなり、同じ手順を踏めばどなたでも同じような仕上がりに作ることができます。

手順もとても応用しやすく、慣れれば仕上げのスピードも上がるため、とても作りやすいスタイルと言えます。

 

スポンサーリンク