ヘアアレンジ 上達する方法のトップ画像

 

 

普段仕事をしていると、お客様から「セルフアレンジが苦手で・・・」といったお話を聞くことがあります。

 

大体の方は「わたしは不器用だから出来なくて〜」とおっしゃるんですが、

そんな事はありません!

 

そもそもヘアセットとは、とっても難しいもの・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・なんです。美容師でもセット専門じゃない方の中には、苦手意識を持つ人もいるくらいです。

 

そんな難度の高いものを自分の頭でやろうと思ったら難しいのは当たり前なので、不器用だから出来ないなんて思わないでくださいね!

さらっと出来てしまう方は、髪質がまとめやすかったり、よっぽどの器用さんという事です。

 

 

でも普段の何気ない日や、デートやちょっとしたお出かけの時・・・服装に合わせて髪型もアレンジ出来たらそれだけでテンション上がりますよね!

 

というわけで今回は、

「セルフアレンジがやりたいけど難しくて出来ない」という方へ向けて、読んだらセルフアレンジが出来るようになるかもしれない!?ちょっとしたアドバイスを書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

もったいぶってもアレなんで結論から言いますと、

 

『他人の頭を借りてヘアアレンジを練習する事』

 

です。(セット練習用ウィッグでもOK)

 

「え?そんな事で?」と思ったかもしれませんが、ある意味これが一番近道だと思います。

 

人にやるのと自分にやるのとでは確かに要領が違いますが、一応は同じヘアセット。技術面で、セルフアレンジにも通じる所があります。

 

 

先ほども言いましたが、ヘアセットとは難しいものです。

いきなり手元がみえない自分の頭で、慣れもしない事をしようとしても頭は混乱するし、指も動きません。

 

ですから、まずは身近な人の頭やウィッグで練習するなりして、自分が作りたいアレンジに慣れることが大事です。

そしてある程度慣れてから自分自身の頭ではじめた方が、頭の中でどうすればいいかイメージがつきやすく、作りやすくなります。

 

 

根拠として、他人にヘアセットが出来る方はある程度セルフアレンジが出来る方が多いですよね。

(美容師の女性は、おしゃれなアレンジをして働いている方が多い気がします)

 

それなりにセット慣れしていくと、自分の手や頭が見えていなくてもある程度は手が何をしているか感覚でわかるようになってくるからです。

(僕も仮に髪が長ければ、簡単なセルフアレンジだったらできると思います。多少練習すればそれなりに難しいのも出来るかも 笑)

 

 

人にやる場合とセルフでは持ち方が少し変わってきたりする編み込みなども、最初は人の頭で編む練習をした方がいいと思います。

髪を動かす順番を頭で覚えれば、持ち方が変わっても結局同じ事をすればいいだけなので混乱が少なくなくなります。

 

 

こういった練習方法は合う人・合わない人がいますし、「セルフでやりたいのに、他人で練習してからってめんどくさい」と思うかもしれません。

根気よく練習していく必要もあります。

 

けれど、本当にセルフアレンジが上手くなりたい方は、ぜひ一度試してみてほしいです。

 

仮にみなさんがメイクするように、自分でセットが出来てしまったら僕の仕事はなくなりますが・・・笑

ヘアセットを生業としているものとして、こういうのを書くのは矛盾しているかもしれませんが、ヘアアレンジをより身近に楽しんでみてほしいですね!

 

ただ、“プロにしか出来ない特別なセット”というものもありますので、特別な日や大事な行事の際はセットサロンを利用してみてくださいね。

 

スポンサーリンク