今回は、プロもよく使うストレートアイロンでオススメなものとその特徴を解説していきます。

 

最近のストレートアイロンは安価なものも多く、安いものだと3000円程度で買えるものもありますよね。

しかし、実際に使ってみると髪どおりが悪かったり、温度が低くてなかなか伸ばせないといった事もよくあります。

(やはり低価格な分だけ使用される素材や材料が低コストになるので、性能面で不安が出てきます。)

 

種類にしても本当に多くのものが出ているので、どれを選んでいいのかわからなくなりますよね…。

 

そこでこの記事では、僕が実際に使った事があるストレートアイロンの中から、業務用にも使われているものを厳選して紹介していきたいと思います。

 

ストレートアイロンの値段はピンキリですが、大体1万円台くらいをボーダーに使い勝手が飛躍的に上がります。

そこにオプションとして、様々な機能がついてくると値段が変動してきます。

ちなみに、同性能のものでもデザイン・ブランド力などで金額が大きく変わってきます。(例:広告費やモデルなど宣伝にお金をかけている、など)

 

しかし今回ご紹介するのは、業務用にも使われている製品なので、基本性能はお墨付きのものばかりです。

どれを選んでも間違いありませんが、形状や機能面でいろいろと変わってきます。

その中から、自分にあった必要な機能・使い勝手を考え、最適な1本を一緒に選んでいきましょう!

 

スポンサーリンク

 

ストレートアイロン選びの前提として

 

アイロンの性能の差はもちろんありますが、やはり かけ方でも髪の伸び方は変わってきます。

 

例えば、「癖が強めなのに厚めのスライスでざっくりとかける」ではそのアイロンの良さを最大限発揮できません。

逆にあまり良いものでなくても、丁寧にかければしっかり伸ばす事も出来ます。

 

ですから、ストレートアイロンの性能差というのは髪質によっても、伸びやすい髪質・伸びにくい髪質とありますので、同じ使い方をした場合でも効果に差が出てくる部分です。

 

それから、用途に合わせたものを選ぶことも重要です。

 

スタイリングに使うのか、根元のうねりを直したいのか…など目的によって使い勝手も変わってきます。

しっかりその用途にあったものを選ぶようにしましょう。

 

お勧めその1:Onedam(ワンダム)ストレートアイロン

 

今回紹介する中では、一番安い価格で買えるおすすめのヘアアイロンです。

値段のわりに性能が高く、コスパがとてもいいんです。

 

モデルチェンジがあり、見た目はちょこちょこ変わるようです。

セットサロンでもよく使われています。

 

なるべく安く、でも出来るだけいいものを!という方にピッタリです。

これ以上安くて、性能がいいものは思い浮かびません。

 

プレートの大きさ、厚さもちょうどいいので、ボブでもロングでも対応することができます。

温度も60度〜200度まで設定できます。

 

ただ一つ気になるのは耐久性です。

僕は普段の仕事でフル稼動させていてもって半年程度といった所でした。

 

ご家庭で使う分にはもう少しもつと思いますが、大体1年くらいで壊れると思っておいた方がいいかもしれません。

そのほか、自動で電源オフする機能がついていないので、消し忘れての放置には絶対に注意しなければいけません。

 

☆こんなあなたにお勧め☆

・とにかく安くてもなるべくいいものを!

・消耗品として考えて、壊れたら買い換える

・ストレートに出来れば大丈夫!

 

お勧めその2:Glam Palm(グランパーム)ストレートアイロン

 

このアイロンもセットサロン等でよく使われています。

とてもスタイリッシュな見た目で高級感があり、本体は丸みを帯びたデザインになっています。

 

プレートの大きさはちょうどいいのですが、本体に丸みがついていて若干ですが厚みがあります。

本体に厚みがある分、根元にアイロンが入りにくいので、根元の癖を伸ばしに使いたい場合は慣れないとやりにくいかと思います。

 

逆に表面に少し艶を出したいときや、スタイリングに使いたい場合は相性がとても良いです。

形状が丸いので、毛先を内巻きにしたい・波ウェーブをかけたい・くるっと巻きたい・・・というときに綺麗なカールが出やすいアイロンです。

 

ワンダムに比べると値段が高いのが難点ですが、基本スペックはさすがと言ったところです。

この価格帯以上のものになってくると、髪へのダメージも少なくなるよう設計されているものが出てきます。

 

☆こんなあなたにお勧め☆

・スタイリングにストレートアイロンをよく使う

・根元の癖はさほど気にならない

・髪へのダメージが気になる

 

お勧めその3:LebeL(ルベル)プライアSSストレートアイロン

ここで紹介しているアイロンの中で一番本体の厚みが薄いのが特徴

伸ばしにくい根元にも熱が当たりやすく、メンズやショートの方、根元の癖の強い髪をなんとか伸ばしたい!という方に最適のアイロンです!

 

温度はMAX180度までしか上がりませんが、その代わりに温度を一定に保つという機能がついています

 

普通のアイロンは髪を挟んだ瞬間に、一時的に温度が下がってしまいます。

例えば、MAX200度出るアイロンでも常に200度出ているわけではなく、温度の平均にばらつきが出てきます。

プライアはそのバラつきを調節してくれるので、常に180度の温度で使い続けることができます。

 

さらに、このアイロンはプレートにもこだわっており、細かな機能が備わっています

 

プライアのプレートはよく滑り、髪に吸い付くような独特な吸着感があります。

その理由は、プレートに細かな溝がいくつも入っているからです。

 

この溝はコームの役割をはたしてくれるので、髪を伸ばしながら毛流れを整えて、熱が均一にあたるように出来ています。

さらに、プレートの材質が良質なこともあり、摩擦を減らして髪のダメージ軽減につながります。

 

本体の耐久性も高く、サロンワークで毎日4〜5時間フル稼動させても約3年もってくれました。

ご家庭で使うくらいでしたら、相当長持ちすると思いますよ!

値段もそれなりですが、機能が多い分かなりいい仕事をしてくれます。

個人的に一番オススメしたいアイロンです。

 

☆こんなあなたにお勧め☆

・癖が強いのでしっかり伸ばしたい

・とにかく長く使えるいいアイロンが欲しい

・毎日使用するので髪へのダメージが気になる

 

まとめ

以上、業務用にも使われる僕がオススメしたいストレートアイロンの紹介でした。

 

あらためて、それぞれのアイロンの大きな特徴をまとめると、

ワンダムは安さの割に、業務用に耐えうる基本スペックを満たしているのが特徴。

安くて使える、コスパ最強!

 

グランパームは髪を伸ばす以外にスタイリングにも使いたい方向け

本体に丸みがあるので髪を巻いたり、ウェーブにしたり、前髪を巻くのに使いやすい

 

プライアは癖が強めでもしっかり伸ばせるハイスペックアイロン

値段が高いだけあり、とにかく細かい所までこだわって作られているアイロン

 

どれも選んでも高性能なので、ストレートアイロンで出来ることはもちろん全て出来ます。しかし、使い勝手ややりやすさは多少かわってきます。

それぞれの個性を知って、自分にはどのアイロンが向いているのか考える参考にしてみてくださいね!

 

あなたにおススメの関連記事

 

  • 初めてのカールアイロン選ぶ前に読みたい記事

初心者が巻きやすいカールアイロンの太さや選び方をプロが解説!

 

  • 幅広いサイズのアイロンのカールが比較できます

写真で徹底比較!ヘアアイロン・コテの太さによるカールの違い

 

  • 業務用メーカーで有名なアイビル・クレイツを比べて見ました

カールアイロン、アイビル&クレイツの特徴・巻きやすさ比較

 

スポンサーリンク