N.B.A.A.アップウィッグ使いやすさレビュー

 

こんにちは、都内でヘアセットをしていますRyoです。

 

まれにメールやコメントにて「どこのウィッグですか?」「どこで買えるんですか?」と質問をいただく事があります。

有名なN.B.A.A.のものを使っているんですが、ちょっとだけ自分でカスタマイズして使っています。

(YouTubeで使っているウィッグも同じものです。)

 

今回はそんなN.B.A.A.のセットウィッグを使用してみて、よかった点・わるかった点など正直にレビューしていきたいと思います。

 

購入から1年ほど経ちますが、実際の毛質や使用感、使い込んでみた感想なんかも書いていきます。

とても高価なウィッグですので、購入に迷っている方は参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

 

ヘアカラーラインナップ

N.B.A.A.のウィッグのカラーは以下の5種類です。

N.B.A.A.アップウィッグレビュー:カラーバリエーション

  • ダークブラウン
  • ブラウン
  • ブロンド
  • プラチナブロンド
  • シャイニー

 

僕が使っているものは、中間色のブロンドです。

 

写真だと赤みのある茶髪のようにも見えますが、実物はグレー味のある金髪でした。

カメラの設定やライトによっては、赤みが出てきたり、もっとくすみが強くなったりしてきます。

 

 

当初は一番明るいシャイニーと迷いましたが、ナチュラルな色味のブロンドにして良かったな〜と思っています。

 

実は毛の一本一本をよくみると、金髪のなかにダークブラウンやブラウンの毛が混ざっていました

この色合いのおかげで髪に立体感が生まれて、カツラっぽくない自然な金髪に見えるんですね。

 

 

ちなみに、ダークブラウンやブラウンは知り合いが持っていて実物を見た事がありますが、赤みが強い茶色で写真との色のギャップはそれほど大きくありませんでした。

 

毛質や植毛の状態

N.B.A.A.アップウィッグレビュー:毛質や植毛の状態

 

N.B.A.A.のアップウィッグは100%人毛で作られているので、アイロンなどの熱を加える行為も当然OK。

毛質も問題なく(人毛なので多少のバラつきはありますが)基本的に癖のない直毛で、固すぎずセットのやりやすい毛質だと感じます。

 

購入したての状態は、トップの毛が短めのレイヤースタイルのような状態になっていました。

 

しっかりと植毛されているので毛量は全体的に多めですが、トップの毛量は少ないので丁寧に扱わないとここから禿げていきやすいです。

落ち武者のような状態になっているものを見た事があります・・・笑

 

 

そして毛を植える方向づけがされているせいだと思いますが、根本が立ち上がりにくくて購入したての状態では全て根本が潰れていました。

 

サイトの説明には、

 

「毛の植込み方法や方向性、つむじの処理にこだわり、とても扱いやすい毛流れ感を実現しています。」

 

とある通り、分け目やつむじも再現されていますが、やはり作り物なのでちょっと不自然に感じます・・・。

 

スポンサーリンク

 

N.B.A.Aアップウィッグの悪い点

 

正直にいうと初心者の方が使うには少し難しいウィッグだと思いました。

 

その理由は、トップの毛量が少なく、植毛の方向づけのせいで根本が立ち上がりにくくなっている。

さらにそのせいで、分け目がパックリ割れてしまい繋げにくいからです。

 

購入したては特に生えグセが強く、後ろに梳かしてもすぐに分け目に沿って割れてきます。(一度濡らして、ブローする事で大分扱いやすくなります)

 

毛量や毛質は申し分ないのに、このトップの癖だけはちょっと残念でした。

これを補うために、練習する前は丁寧にホットカーラーを巻く、根本や生えグセをブローで整える、などして使う必要があります。

 

作るスタイルによっては、逆毛を上手に立てる技術や分け目を工夫する必要があるので、綺麗にセットするにはあれこれと考えさせらるウィッグです。

 

N.B.A.Aアップウィッグのいい点

 

悪い点で書いた事は、逆に言えば高度な練習ができるということです。

つまり、実践を想定した練習ができます。

 

実際の人頭でセットすると

  • 根本が立ち上がりにくい
  • 毛量が少ない
  • 分け目がぱっくりしている

など、どれも当たり前のようにある事ばかりです。

 

それをいろいろな技術で補っていく練習になるので、ある程度セット慣れした状態から練習していくのにはとてもいいウィッグだと思います。

毛質自体はとてもいいので、そこを補っていけばクオリティーの高いセットが作れますよ。

 

 

また、他メーカーに比べても顔の作りや骨格が整っています。

(特に安物だと不気味な顔つきや、昭和感漂う作りのものがありますよね・・・。)

 

撮影も映えますし、ある程度どんな髪型を作っても似合うので気に入っています。

 

 

その他N.B.A.A.ウィッグでできる事

 

 

 

別売りのショルダーをつけることで、肩のある状態で練習する事ができます。

それによって、ダウン系のスタイルを練習する時はより実践に近い状態を想定しての練習ができます。

 

1万円近くと結構高額でしたが、オススメです。

 

ショルダーがある事で、肩を支えに前後で分けたり、横に流したり…

といったことが出来るのでイメージしやすくなりました!

 

詳しくは以下の記事で書いています。

 

 

おわりに

N.B.A.A.アップウィッグレビューまとめ

 

N.B.A.A.のアップウィッグは「短所が長所に、長所が短所になる」ウィッグです。

使う人によって使いやすさが分かれてくるので、必ずオススメできるかといえば一概には言えません。

 

しかし高価なだけあって、毛量や髪質は申し分ありませんでした。

 

N.B.A.A.のウィッグのおすすめできるポイントは、

  • 毛質は良好でヘアセットに向いた毛質
  • 生えグセ、つむじなどを考えながら高度な練習ができる
  • 骨格が美人◎
  • 日本製のウィッグではショルダーがつけられる数少ないタイプで服を着せて使う事も可能
    (写真だとパッとみ、人間に見えます)

 

です。

 

個人的にヘアカラーがとても気に入っているので、もう一台ウィッグが必要になったときも、このウィッグを購入しようと思っています!

 

以上、N.B.A.A.アップウィッグのレビューでした。

 

 

 

あなたにオススメの記事

 

▼「痛まない」と人気のヘアアイロンをレビュー

 

▼「プロ向け」の理想的なアレンジスティック

 

▼ヘアセット初心者向け!必ず揃えたい道具を解説

 

 

ヘアセットを基礎から学ぼう!

●ピニング(ピン留め)

▶︎基本的なアメピンの留め方&基礎練習

▶︎実践的なピニング(ピンの留め方)の種類と応用

▶︎Uピンの使い方『留める&抑える&支える』の3つの用途

 

●ゴム結び(ポニーテール)

▶︎ヘアセットで使う、糸ゴムの結び方と解説

 

●ホットカーラー

▶︎基本的な巻き方の解説

▶︎構成に合わせたカーラーの巻き方

 

●逆毛

▶︎【ヘアセットの基本】綺麗な逆毛の立て方 正しい手の使い方と基本理論

 

●カールアイロン基礎

▶︎カールアイロン初心者が絶対に覚えたい、髪の巻き方&基礎知識

▶︎挟む角度+入れ方で変わるカールの仕上がり【比較】

▶︎準備中:カールのほぐし方による質感コントロール

 

●ストレートアイロン基礎

▶︎準備中:ストレートアイロンの操作

 

●アップスタイル基礎

▶︎【ヘアセット】アップスタイルの基本の土台、抱き合わせのやり方

▶︎【ヘアセット】和髪にも使える!簡単で早いシニヨンベースの作り方

▶︎準備中:ヘアセット練習用基本スタイルの作り方(抱き合わせを使った被せのアップ)

▶︎準備中:簡単な和装スタイルの作り方

 

●ヘアセットに使う道具類と解説

▶︎【プロ向け】ヘアセット練習で最初に揃えたい道具の選び方

 

スポンサーリンク