『簡単ヘアアレンジ』マジェステで留めるシニヨンアレンジ

 

前回のヘアバトンで固定するシニヨンに続いて、今回はヘアアクセサリーのマジェステを使って簡単にシニヨンを作るアレンジを紹介します。

 

前回→ヘアバトンでセルフ向けルーズアップ

 

基本的にマジェステ1本で固定することができ、セルフでアレンジしたい時に使うことが出来ます。

 

スポンサーリンク

アレンジのやり方

まずは動画で流れをご覧ください。

 

アレンジの手順とポイントの解説

※手順を追っていきながら、動画でわかりにくい部分を解説していきます。

 

 

とても簡単に出来るアレンジですが、マジェステをつける時にコツがいるので、そこも書いていきます。

ちなみにこのアレンジに適した形状のマジェステは、背面があって飾り部分のアーチが緩やかなものを選ぶとやりやすいです。

 

スポンサーリンク

 

☆髪の毛を下でポニーテールにして三つ編み

 

硬い髪質や、毛量の多い方は毛先だけ軽く巻いておくとやりやすいです。

 

下めでポニーテールにし、毛先まで三つ編みをしてゴムで固定します。

後れ毛は好みで残しましょう。

 

ゴムはきつくしすぎず、外れない程度に結ぶと後々やりやすいです。

いつもならここで崩していくのですが、今回はまだ崩さないようにしましょう。

 

☆三つ編みを丸めてマジェステで固定

三つ編みに少しひねりを加えながら毛先の方を上からつまみます。

そのまま上に持っていくと自然と三つ編みが畳まれるように丸まります。

 

 

三つ編みをたたむ事が出来たら、指でつまんでいた部分にマジェステの飾りの方をしっかりと押し付けます。

この時、マジェステのアーチの中に三つ編み部分がしっかりと入っているようにします。

 

その状態を維持しながら、スティックを差し込んでいきますが、ただまっすぐ差し込むだけでは留まりません。

まずスティックを最初の穴に通したら、三つ編み部分と土台部分を縫うように動かし、スティック部分が三つ編みと土台を通っている状態を作りましょう。

その状態が出来たら、反対側の穴からスティックを出せば固定ができます。

 

毛量が多く崩れるのが心配な方は補助として1〜2本アメピンを留めておいてもいいです。

 

ここまで出来たら、ほぼアレンジは完成していますが、好みで崩しを入れていきます。

 

トップなどは奥行きを出すように崩したり、面長が気になる方は横もふんわりと崩しましょう。

シニヨン部分は形を整えるように三つ編み部分を引っ張り出していくといいです。

 

後れ毛を残した人はコテやストレートなどで軽くウェーブをつけて完成です。

 

 

『簡単ヘアアレンジ』マジェステで留めるシニヨンアレンジ

『簡単ヘアアレンジ』マジェステで留めるシニヨンアレンジ

 

まとめ

マジェステのみで留めるシニヨンアレンジの紹介でした。

マジェステの取り付けは三つ編み部分と土台部分の両方を通るようにしっかりと意識するのがしっかりと留めるコツです。

 

慣れたら短時間でささっとアップにする事が出来るので、是非練習してみてくださいね!

スポンサーリンク