ウェーブ感をきかせた下めポニーテール

今回はウェーブ感しっかりの下めポニーテールを紹介していきます!

 

前回の高めのポニーテールとベースの作り方やブロッキングはほぼ同じなんですが、ポニーテール位置が変わると雰囲気がグッと落ち着いてみえますね。

前回のアレンジ⇒柔らかな質感の華やか上めポニーテール

 

スポンサーリンク

 

ヘアアレンジのやり方

※まずは動画で流れをご覧ください。

 

アレンジの手順とポイントの解説

下めのデザインはトップの幅が広くなるので、デザインのウェーブを大きくはっきりと動かす事ができるのが特徴です。

とても作りやすいので、表面を動かす練習に最適なスタイルだと思います。

※このアレンジで使用するアイロンのサイズは25mmです。

 

☆コテでベース作り

頭の1番高い位置から少し前で髪を前後に分けます。

 

まず毛先を中心に向かってリバース(外側)に巻いていき、同じように中間部分もリバースに巻いていきます。

毛先と中間部分が巻き終わったら、表面を少しずつすくってリバースに巻いていきます。

 

☆下めで結びウェーブ部分を引き出していく

巻いたばかりのウェーブはリッジが効きすぎているので、優しくブラシを入れて軽く梳かしながら結んでいきます。

手ぐしで優しく梳かすくらいでも大丈夫です。

 

結ぶ時にゴムを強く結び過ぎないのが、綺麗に引き出していくポイントになります。

シリコンゴムでしたら2巻きくらいで大丈夫です。

 

結んだ時点で表面が動いてると思うので、このうねりを引き出していきます。

 

 

 

少し引き出した状態です。

うねっている箇所を優しく引き出し、根元を厚く、表面に向かって段々と薄く、グラデーションになるように引き出していきます。

 

 

ある程度引き出したら、つまみながらスプレーをかけてリッジを出していきます。

この時にパサッとした毛もついでに整えていきましょう。

 

☆サイドをとめていく

両サイドもポニー部分と同じように中間をざっくり巻き、表面は薄くとって根元からしっかりとカールをつけていきます。

 

しっかりとカールがついたら、手ぐしを入れたりしながら毛流れを整えていきます。

 

2つに分けてとめてもいいのですが、今回は1つでとめていきます。

 

毛流れを整えた毛を優しくねじりながらゴム部分まで持っていき、一旦Uピンで仮止めし毛流れを引き出していきます。

つけたカールをそのまま活かすようにとめていくのがポイントになります。

ある程度引き出したら、アメピンでしっかりと固定しましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

☆ポニーテールの巻きを整える

最後に巻きを整えていきます。

ベースに巻きは付いているので、表面のカールを意識しながら巻き直していきます。

巻きが足りない所や巻きの方向を変えたいと思った所を引き出し、ピンポイントで巻きましょう。

 

巻けたらスプレーをかけながら整えていきます。

ポイントはボリュームを出したい時は内側を広げ、動きをつけたい時は表面を広げていきます。

横に広げるだけでなく、縦にも広げるようにスプレーしていくと立体感が出てきます。

 

しっかりと動きがついたら、完成です!

 

 

ウェーブ感をきかせた下めポニーテール

ウェーブ感をきかせた下めポニーテール

ポニーテールはこの角度(横から)が一番可愛く見えますね。

 

バックショットです。

 

まとめ

このスタイルのポイントはコテでのベース作りと毛の動かし方です。

しっかりと表面に動きが出るように巻いていきましょう。

 

巻き方を変えると表面の動き方が変わるので、それだけでバリエーションが増えてきます。

いろいろ試してみるとまた違った発見があるかもしれませんね。

 

毛の動かし方はベースの巻きを活かして動かします。

僕の感覚では引っ張って引き出すというよりは毛を徐々に広げていくという表現の方が正しいかと思います。

 

是非参考にしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク