ヘアビューロン3d-plus 1ヶ月使った感想の画像

 

なかなか手に入らなかった「ヘアビューロン3d-plus」をやっと購入し、

実際に使ってみて1ヶ月ほどが経ちました。

 

購入して実際に使ってみると、いい所や悪い所もいろいろ見えてくるので

僕がしばらく使ってみて思った事、感じた事を正直に書いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

ヘアビューロンの感想

 

全体の感想からいえば、

仕上がりの巻感、巻いたカールの使いやすさはすごくいい

と感じました。

 

ビューロンで巻いたカールは巻きあがりが少し柔らかく、ほぐした時のカールがとても使いやすい為ヘアアレンジでもとても扱いやすいカールが作れます。

 

プレートの滑りもかなりいいので、挟んで滑らせる時や巻いている時の髪への抵抗が少なく感じます。(摩擦音があまりしない)

 

バイオプログラミング技術の効果(使えば使うほど髪が潤うという部分)に関しては、まだちょっとよくわからないというのが正直な所ですが、使っていて“痛みにくく髪に優しいヘアアイロン”ということは納得しました。

 

けれどもアイロン自体はすごくいいと思うのですが、これを仕事に使うかどうかで考えた場合には使えないな〜と感じます。

 

仕事では使わないわけ?

 

ここからは実際に仕事で使うかどうかの話になりますが、

個人的にはこのヘアアイロンは仕事では使えないと思ってしまいました。

 

ゆったりした現場ならいいですが、サロンワーク(特にセットサロン)のようにバタバタしているような場所では使いにくいな と感じました。

 

理由としては、

  • 電源を入れてから温まるまでの時間が長い
  • コードが長くない
  • 耐久性の心配
  • 値段

この辺りが大きな理由です。

 

 

温まるまでの時間はいうまでもなく、早い方がいいですよね。

ヘアビューロンの最高温度まで温まる時間は約3分です。(冬場だともう少しかかるかもしれません)

 

一般的なアイロンと比べてもかなり立ち上がりが遅いと言えます。

自動電源オフ機能もついているので、切れてしまってからの立ち上がりは もう少し早い方が使いやすいと感じました。

 

 

次にコードの長さが業務用アイロンのアイビルと比べてもかなり短くなります。

測ってみると、アイビルが約3mなのに対し、ビューロンは約2mでした。

 

家庭で使うなら十分な長さがですが、様々な現場で使うことを考慮すると もう少し余裕がほしい所です。

 

スポンサーリンク

 

 

耐久性に関しては、かなり大事な部分です。

3d-plusではまだ聞いた事ありませんが、旧型のビューロンやストレートアイロンは折れたという話も聞きます。

 

3d-plusは発売からまだ時間が経っていないので、くわしい劣化具合は出回っていませんが、

使っている最中に何かあれば最悪ヤケドにもつながるので、この辺は信頼できる業務用メーカーの方が安心ですね。

 

ビューロンは業務用ではなく、家庭で使うことを想定して作られた商品のため、

耐久力に関しては高いとは言えません。

 

仕事で毎日フル稼動させたら、もっても半年程度だと思うので、

故障するたびに修理や買い替えをしていたらかなりの金額を使います。

 

仮にビューロンでしか出来ない作業があればもちろん使いますが、

特にそういうこともないので無理して使う必要はないかな〜と思いました。

 

家庭用としては最高級品

 

仕事で使うことを考えると様々な要因から辛口な評価になりましたが、

家庭用として使う分には間違いなく最高級のものだと思います。

 

美容業界に限らず業務用のものは

“プロが使っているからいい商品だ”

という傾向にあります。

 

しかし、業務用というのはプロ仕様に最適化されているものであって

使いこなせなければ最大限良さを発揮できません。

 

例えば、美容室でトリートメントをやってもらった時と、自宅で行なった時。同じ商品を使っても仕上がりは全く違ってきますよね。

 

「安くてそれなりに使えるいいアイロンは?」

と聞かれればアイビルやクレイツのアイロンをオススメしますが、

アイビルやクレイツのものは業務用メーカーなので使いやすさを重視しています。

コードが長かったり、温まるのが早かったり、使いやすさ重視のシンプルで質素なデザインが多く、髪へのダメージうんぬんよりは、操作性などに重点を置いてる気がします。

(最近の上位モデルはプレートや髪へのダメージが考慮されているものも一部あります)

 

 

それに対してビューロンは、一般女性が気になる髪へのダメージや髪の巻きやすさに重点をおいた構造で、デザイン性もあります。

 

毎日 髪を巻く、巻き直しが多い、髪の傷みが気になる、という方には特にダメージが少なくすむ設計は心強いと思います。

 

まとめ

以上、1ヶ月使ってみた感想でした。

仕事で使うなら、もう少し業務用に特化したモデルが出てくれると助かるな〜といった所です。

 

ちなみに、これはビューロンに慣れていない僕のせいでもありますが、

持ち手がサラッとしているので、巻いてる最中にたまに手が滑りそうになっています(笑)

この辺は慣れの問題なので、時間が解決してくれると思います。

 

ヘアビューロン3d-plusについてもっと知りたい

 

ネットからの正規販売店

▶︎大丸松坂屋オンラインショッピング【メーカー正規販売店】

※一般層だと2d-Lタイプが一番人気みたいで、在庫切れの場合もあるようです。

 

僕が購入前に調べた事をまとめています

▶︎プロがヘアビューロン3D Plus(カール)を購入する前に調べた事まとめ

 

ビューロン購入後に知っておきたい事

▶︎ヘアビューロン3d-Plus購入後の注意(保証期間や経年劣化について)

 

 

スポンサーリンク