実践でよく使うピン留めである「半ねじり留め」のやり方解説です。

最初に基本的な手順を画像で解説し、そのあとに実践での使い方を解説していきます。

 

半ねじり留めのやり方

セット中によく使うであろうサイド部分を使って解説していきます。

 

半ねじり留めの手順解説

髪を梳かし、動かしたくない部分は右手を添えて押さえる。

 

②髪を折り込むように意識しながら、毛束を半ねじりします。

 

上の用紙部分を見ていただくとイメージつきやすいと思います。

毛束を用紙と同じように折るとイメージしながらねじっていくようにしましょう。

 

③折りこんだ部分の髪の毛と頭皮の毛を少量すくい、ピンを差し込みます。

 

ちなみに、髪の折り込む角度を変えていくことで好きな位置に毛束を持っていくことができます。

画像は上に折りこんでいるので毛束が上を向いています。

作りたいスタイルやデザインに合わせて好きな位置に毛束を出せるよう、微調整して留めていきましょう!

 

実践での効果的な使い方など

スタイルを作るうえで断トツよく使う留め方なので、実践ではコレをメインに練習しておくとベターです。

留めた毛束が大きく広がるので、流れのあるデザインを作りたい場合にも使えます。

留めた際に面部分がぼこぼこしにくいので、夜会巻きや和装系セットなどの面を多用するデザインとも相性がいいです。

 

普通にねじって留めた場合は画像のようにボコボコ・・・。

 

ですが、半ねじり留めで留めていくと凹凸が少なくシンプルにまとまります。

 

元のページに戻る>>>

 

スポンサーリンク