Uピンの使い方『留める&抑える&支える』の3つの用途

 

アメピンと同様にヘアセットでよく使われる、Uピンの使い方を詳しく解説していきます。

ピン自体に挟む力があるアメピンと比べて、Uピン自体に髪を挟む力はないので、若干クセのあるピンですが、慣れることでスタイルの幅が広がるのでぜひともマスターしていきましょう!

 

Uピンを使って出来る事は、

  • 留める
  • 抑える
  • 支える(仮止め)

の3つです。

 

どれもヘアデザインには欠かせません。

では、順に見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

Uピンの用途①「留める」

Uピンの使い方『留める』の画像

 

挟む力がないUピンですが、留めるという用途でよく使用します。

 

使い所は、

  • アメピンでは挟みきれない量をまとめて挟みたいとき
  • すき毛を土台としたスタイルを作るとき

など。

少し長くなりますので「留める」に特化した記事を以下で解説しています。

 

 

Uピンの用途②「抑える」

Uピンの使い方『抑える』の画像

固定としてではなくデザイン全体の微調整に使います。

 

例えば、スタイルを作っていて後から調整したい所が出てきた時にこの用途で使います。

  • もう少しボリュームを抑えたい
  • 仕上がりのバランスを整えたい
  • デザインの隙間を埋めたい

など、ほんのちょっと修正するだけで見栄えが劇的に変わる場合もあります。

 

修正例とそれに対しての直し方は以下のページで解説中。

 

スポンサーリンク

 

Uピンの用途③「支える」(仮止め)

Uピンの使い方『支える』の画像

この使い方は、ダッカールのように後から外すもの・・・・・・・として、ヘアセットをする際の補助道具として使います。

  • 一時的に邪魔な髪の毛をどけたい
  • 毛流れを仮止めしておきたい
  • 髪の流れにカーブをつけながら動かしたい
  • 引き出した際の毛束を仮止めしたい

といったような用途で使います。

より繊細な作業には、ダッカールを使うよりもUピンが向いています。

 

使用例は以下のページで解説しています。

 

 

ヘアセットを基礎から学ぼう!

●ピニング(ピン留め)

▶︎基本的なアメピンの留め方&基礎練習

▶︎実践的なピニング(ピンの留め方)の種類と応用

▶︎Uピンの使い方『留める&抑える&支える』の3つの用途

 

●ゴム結び(ポニーテール)

▶︎ヘアセットで使う、糸ゴムの結び方と解説

 

●ホットカーラー

▶︎基本的な巻き方の解説

▶︎構成に合わせたカーラーの巻き方

 

●逆毛

▶︎【ヘアセットの基本】綺麗な逆毛の立て方 正しい手の使い方と基本理論

 

●カールアイロン基礎

▶︎カールアイロン初心者が絶対に覚えたい、髪の巻き方&基礎知識

▶︎挟む角度+入れ方で変わるカールの仕上がり【比較】

▶︎準備中:カールのほぐし方による質感コントロール

 

●ストレートアイロン基礎

▶︎準備中:ストレートアイロンの操作

 

●アップスタイル基礎

▶︎【ヘアセット】アップスタイルの基本の土台、抱き合わせのやり方

▶︎【ヘアセット】和髪にも使える!簡単で早いシニヨンベースの作り方

▶︎準備中:ヘアセット練習用基本スタイルの作り方(抱き合わせを使った被せのアップ)

▶︎準備中:簡単な和装スタイルの作り方

 

●ヘアセットに使う道具類と解説

▶︎【プロ向けの道具類解説】ヘアセット練習で最初に揃えたい道具の選び方

 

スポンサーリンク