ヘアセットに使うピンの種類&特徴を解説!の画像

 

ヘアセットでよく使う、以下のピンについて解説していきます。

  • アメリカピン(アメピン)
  • スモールピン
  • Uピン大(ネジピン)
  • Uピン小(オニピン)
  • 毛ピン

 

スポンサーリンク

 

アメリカピン(アメピン)の解説

アメリカピン(アメピン)の解説

ヘアセットで最もよく使うピンです。

髪の毛をねじって留めたり、土台にしたい部分に留めて使います。

ピン自体に挟む力があるので、基本的にどこにでも使う事が出来ます。

 

くわしい使い方はコチラアメピンのとめ方を徹底解説!

 

スモールピンの解説

スモールピンの解説
アメリカピンとの比較

 

アメリカピンをそのまま小さくしたようなピンです。

アメピンより小さいため、挟む力は少し弱くなっています。

 

少なめの毛束を留めたり、アメピンだとピンが目立ってしまうときの変わりに使います。

使用頻度は少なめですが、頭皮への刺激が少ないので、頭皮が弱い方に使う場合もあります。

 

Uピン大(ネジピン)の解説

Uピン大(ネジピン)の解説

 

U字の形をしたピンなので、ピン自体に挟む力はありません。

一般的にはボリュームを抑えたい部分にさして潰す使い方をします。

 

普通に留めても止まりませんが、土台(毛の動かない所)や逆毛、梳き毛に絡ませて留めればしっかり留める事ができます。

カールアップや和髪をする時に大いに活躍します。

 

くわしい使い方はコチラUピン(ネジピン)のとめ方、使い方のテクニック紹介

 

Uピン小(オニピン)の解説

Uピン小(オニピン)の解説
Uピン大との比較

 

Uピン大(ネジピン)がそのまま小さくなったピンです。

基本的な使い方はUピン大と同じです。

Uピン(大)ではピン先が飛び出してしまうような時には変わりに使います。

 

毛ピンの解説

毛ピンの解説

 

形はUピンと同じですが、素材がとても柔らかくクニャクニャとよく曲がります。

とても細いピンなので、打った時に目立ちにくく、完成間近の時の微調整に使うことが多です。

ごくわずかに出てしまった数本の毛束を留めて抑えたり、表面の凸凹を少し修正したい時にも使えます。

 

まとめ

一般の方向けに改良されたピンなども含めるともっと種類が多くなりますが、プロの現場で実際に使われているピンはほとんどが紹介したピン類で仕上げています。

メーカーによって挟む強さや、頭皮の当たりに違いがあるので、お好みで選ぶ事も可能です。

 

あなたにおススメな関連記事

  • 逆毛をうまく立てる為には選ぶコームも重要です。

逆毛に適したヘアコーム (櫛) の種類と選び方

 

  • ヘアセットの作業で使う様々な種類のブラシの使い方がわかります。

ヘアセットに使うヘアブラシ、コームの種類

 

  • ヘアセットを効率的に綺麗に行う為に必要なブロッキングの解説です。

すぐに実践出来る!簡単なブロッキングとやり方解説

 

スポンサーリンク