基礎から学ぶヘアセット:ピニング②実践的なピニングの種類・応用

 

 

前回はアメピンの留め方や留まる仕組みのなど、基礎的な部分を解説しましたが、今回は応用編です。

前回の記事⇒基礎から学ぶヘアセット:ピニング①基本的なアメピンの留め方&基礎練習

 

 

基本的なピンを扱う動作に慣れてきたら、実際のスタイル作りの中で行うピニングに慣れていきましょう!

前記事でも書きましたが、基本的な練習のピニングと実際のスタイル作りの中でのピニングは要領が変わってきます。

 

普通は練習していく中で少しずつ気づいていくものでもあるのですが、僕のサイトに足を運んでくださってる方は上達までなるべく近道をしていただきたいと思っています。

ですから今回は、僕が実際によく使う実践的なアメピンの留め方の種類をご紹介していきたいと思います。

 

留め方それぞれにメリットやデメリットが当然あり、その場その場で使い分けていく感じになります。

髪をどう動かしたいかを考え、それに対応して留め方と理由を解説していきますので、参考にしてみてくださいね!

 

 

実践的なピン留めと様々なピンの留め方

 

まず様々な留め方を解説していく前に、一つ実践的なピニングでのルールをお伝えしておきます。

 

ピンを留めるための前提として、どんな形でもいいので髪が動かない部分(土台)を作ることが大切です

もちろんアメピンは単体でも挟む力はありますが、土台と合わせる事でより頑丈にしっかり固定する事が可能になってきます。

 

これさえ守れば、ある程度どんな留め方をしても固定されるので、決まった留め方以外にもスタイルにあった効率的な留め方を試していきましょう!

 

土台とは?

ピンを固定するために、セット中よく使う土台は以下の通りです。

 

  • ゴムで結んだ範囲の髪
  • ゴムを巻きつけた部分
  • 逆毛を立てた部分
  • すき毛を置いた部分
  • ピンで固定した髪部分
  • 編み込んだ部分

 

他にも髪が動かない部分を作れれば何でも土台にすることができます。

ピン以外にも、大きな飾りを固定するときなどに役立ちます。

 

この記事では、シンプルに見やすくするために土台にはポニーテールを使用しています。実際は用途に合わせて変えていってくださいね。

 

実践的なピン留めの方法の紹介

それでは、僕がよく使うアメピンの留め方を紹介していきます。

(実際にはいろんな場所に対して使いますが、今回はわかりやすくサイド部分の髪を使っていきます。)

 

ちなみに、ピニングの名称はわかりやすくするために僕が適当につけただけなので、決まった名称というわけではありません(笑)

 

ねじり留め

 

基礎でも紹介した留め方です。きつくねじって留めたときの単純なピニング強度は強いです。

 

ただ全てこの留め方でスタイルを作ると、なんだか無理やりピンでまとめたようなデザインになってしまうのでオススメしません。

中の見えない部分として、毛束を留める際の土台としての使い方が効果的です。

ねじり留めの手順とくわしい解説はコチラ⇒準備中

 

半ねじり留め

 

シンプルなスタイルやカールを活かしたスタイルなど幅広く使えるうえ、応用も利くのでとても実践で使いやすい留め方です。

 

単体での強度はねじり留めと比べると若干弱いですが、スタイルを作る場合複数のピンが合わさるので最終的な強度は問題ありません。

僕も普通のスタイルを作る場合は一番よく使っている留め方です。

 

ねじり留めとの大きな違いは留めた毛束が大きく広がるという部分です。

※画像のように留めた毛束が大きく広がります。これによりデザイン同士が繋がりやすくスタイルがまとまりやすくなります。

半ねじり留めの手順とくわしい解説はコチラ⇒準備中

 

平留め

 

一番のメリットは毛束を一切ひねらず留められるので、髪の流れを乱さずに固定できることです。

毛束をデザインする際に繋がりがよくなるので、貼り付けカールのような平面的なデザインを作る際に利用すると繋がりがより綺麗にみえます。

 

しかし留め方の特性上、デザインの中で一番表面にくる箇所に使うことが出来ません。(ピンが丸見えになってしまうので)

 

平留めの手順とくわしい解説はコチラ⇒準備中

 

 

まとめ

 

実践の中で僕がよく使う留め方を解説していきました。

スタイル練習に入る前だとイマイチ想像がつかないかもしれませんが、予備知識として頭に入れておくと後々役に立ってくると思います!

 

またピンの留め方に決まりはないので、固定観念に囚われず自由にピニングしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク