サイトに辿りついた方、初めまして。

ヘアセット専門の美容師をしております、Ryo(おおかみ)と申します。

 

当ブログ(アップスタイル.tokyo)では、ヘアセット初心者やもっと上手になりたい方へ向けて、ヘアセットの知識や技術などを解説した記事をメインに載せています。(随時更新中)

 

そしてこのページでまとめているのは、僕が普段仕事で使っている技術や知識の基礎の部分となります。

 

  • 知識ゼロからスタートする方
  • 簡単なセットは出来るけど、もっと上手くなりたいという方
  • ある程度セットはできるけど、違ったやり方も知りたい方

に見ていただければと思っています。

 

セットは教える人や習った地域でも千差万別で、考え方から作り方まで大きく違うので、いろんな人の作り方を知ることで視野はどんどん広がります。

 

今は昔と違い、ネット上で簡単に様々な人の考え方やスタイルが観れる時代です。

そんな中で僕のサイトに足を運んでいただいた方は、これも何かの縁です。このサイトが、あなたの普段のお仕事やステップアップに役立てられたらいいなと思います。

 

僕はヘアセットをメインに仕事としている人間ですから、仕上がりの綺麗さはもちろんのこと、仕上がるまでのスピード、崩れにくさも意識しています。

なるべく難しいことは省いてわかりやすく、実践的な内容でお伝え出来るように書いています。

 

 

基礎技術

ピニング、ゴム結び、ホットカーラーなど延々と同じことを出来るまで(慣れるまで)繰り返す練習します。

地味で退屈な練習ではありますが、どんなスタイルを作るにも切り離せない技術なので繰り返しの練習が必要です。

理想は、手に覚えさせ、手が自然に動くようになるまで。

そうすることで、スタイル作りでもスムーズに練習が出来るようになりますよ。

●ピニング(ピン留め)

>ピニング① 基本的なアメピンの留め方&基礎練習

>ピニング② 実践的なピニング(ピンの留め方)の種類と応用

>ピニング③ Uピンの使い方『留める&抑える&支える』の3つの用途

●ゴム結び(ポニーテール)

>ヘアセットで使う、糸ゴムの結び方と解説

 

●ホットカーラー

>ホットカーラー編① 基本的な巻き方の解説

>ホットカーラー編② 構成に合わせたカーラーの巻き方

 

●逆毛

>【ヘアセットの基本】綺麗な逆毛の立て方 正しい手の使い方と基本理論

 

カールアイロン基礎

現代のヘアセットには欠かせない技術の一つです。

基本的なアイロンの操作・巻き方を始めとし、カールの巻きわけ方など、他にはあまり解説されてない事まで細かく解説しています。

 

>カールアイロン初心者が絶対に覚えたい、髪の巻き方&基礎知識

>【ヘアアイロン】挟む角度+入れ方で変わるカールの仕上がり【比較】

>準備中:カールのほぐし方による質感コントロール

 

ストレートアイロン基礎

まっすぐに伸ばす用途だけでなく、カールを作ったりウェーブを作ったりも出来ます。

ルーズ系スタイルのベースで使う事が多いですが、どこまで記事にするか検討中ですのでこちらの更新はしばらくかかると思います。

 

>準備中:ストレートアイロンの操作

 

アップスタイル基礎

アップスタイルの基本となる「土台」を作り、「面」を使ったスタイルを作るための練習です。

まず土台の練習をした後に、トップに均一に逆毛を立て、逆毛のみでトップを丸く綺麗に作る練習に入ります。

まだまだルーズ系スタイル主流が続いていますが、より幅広く対応出来るようになりたい方はこちらの練習もお勧めします。

基礎技術のホットカーラーと逆毛の技術が肝となってますので、うまくいかない場合はそこを見直していく必要があります。

 

>【ヘアセット】アップスタイルの基本の土台、抱き合わせのやり方

>【ヘアセット】和髪にも使える!簡単で早いシニヨンベースの作り方

>準備中:ヘアセット練習用基本スタイルの作り方(抱き合わせを使った被せのアップ)

>準備中:簡単な和装スタイルの作り方

 

ヘアセットに使う道具類と解説

練習したいスタイルや髪型によって必要な道具類が変わってきます。

最初から全て揃えないで必要なものから揃えていくほうが負担が少ないと思うので、

これから道具揃えていきたい方はこちらも参考にしてみてください。

>【プロ向けの道具類解説】ヘアセット練習で最初に揃えたい道具の選び方

 

 

終わりに

ちなみに、僕がどんなスタイルを作るスタイリストなのかはこちらのYouTubeチャンネルで紹介しているので、ぜひ一度覗いてみてください。

 

 

今後もいろんなスタイルをアップしていくのでチャンネル登録していただけると励みになります。

YouTubeの動画のスタイルはここに書いた基礎が大元となっていますので、今後の練習の参考にしてみてくださいね!

 

 

スポンサーリンク