今回はカールアイロンの基本的な巻き方を基準に、様々なカールを作る為の”巻き分け”について解説していきたいと思います。

 

の記事は一般の方向けというよりも、プロの方やヘアセットを学びたいという方へ向けた記事となっています。

 

 

僕が最初に入ったサロンは銀座だったので、ヘアアイロンよりもカーラーでのセットが主流でした。

もちろん銀座でもアイロンは使いますが、ヘアアイロンに関しての基礎は、基本的なMIX巻き方くらいしか教わりませんでした。

 

でも当然いろいろな巻き方があるのはわかっていましたし、 Aさんが巻いた巻き下ろしと、Bさんが巻いた巻き下ろしでは、同じ巻き下ろしでも仕上がりが全く違うことも見ればわかりました。

 

ただ「なぜ違うのか」という部分を、まだペーペーだった頃の自分は気づくことができませんでしたし、明確に教えてくれる人もいませんでした。

 

そんな当時の自分が知りたかった事を、この記事でまとめています。

 

アイロンで髪の毛を巻く時にここの部分をしっかりと理解しておくことで、いろんなデザインの巻き方が出来るようになり、ただの巻き下ろしでもデザインの幅が広がります。

参考にしてください。

 

カールの巻き分けについて

カールアイロンは、巻き方、アイロンを入れる角度、など様々な操作・・によってカールの出方をコントロールすることが出来ます。

アイロンのサイズを変える事でもカールの出方は変わりますが、今回はわかりやすく比較するために

32mmのアイロンだけを使い、基本的な巻き方で出来るカール操作

を解説していきます。

スポンサーリンク

 

ヘアアイロンの角度による仕上がりの違い

一番わかりやすいのが、ヘアアイロンを入れる”角度”による巻き分けです。

角度は大きく分けて、縦、横、斜めとありますので、順に解説していきます。

 

縦に入れた場合

アイロンを巻く時に、アイロンの角度をにして巻いていきます。

 

右巻き

 

左巻き

 

 

※仕上がりの状態

カールアイロンを縦に入れて巻いた仕上がりの画像

アイロンを縦に入れているので、仕上がりは縦ロールのようなしっかりとした巻き上がりになります。

普段ここまでグリグリに巻く事はありませんが、しっかりした巻きに仕上げたい場合には使えます。

 

横に入れた場合

アイロンを巻く時に、アイロンの角度をにして巻いていきます。

 

右巻き

 

左巻き

 

※仕上がりの状態

カールアイロンを横に入れて巻いた仕上がりの画像

アイロンを横に入れて巻くと巻き上がった時にカールが大きく広がり、大きな螺旋のカールに仕上がります。

巻き自体はゆるいわけではないですが、螺旋が大きい分ゆるっとした印象に。

 

斜めに入れた場合

アイロンを巻く時、角度を斜めにして巻いていきます。

 

右巻き

 

左巻き

 

※仕上がりの状態

カールアイロンを斜めに入れて巻いた仕上がりの画像

仕上がりは、縦と横の中間くらいのカール感になります。

縦ロールすぎず、ゆる過ぎずなカールですね。

 

斜めの角度は体制的にも一番巻きやすいので、巻きの練習をする時はこの角度から慣れていくといいですよ。

 

ヘアアイロンの挟む角度で変わるカールの仕上がり 比較画像

 

 

スポンサーリンク

 

角度+アイロンの入れ方によるカールの違い

角度以外にもとても大事な要素があります。

それはアイロンの入れ方です。

 

アイロンの入れ方というのは、ざっくり言うとアイロンをパネルの“上から入れる”か“下から入れる”かの違いです。

 

細かいですが、この入れ方一つでもカールの出方が変わってしまい、僕が見てきた中でも

角度は理解していても、ここを理解出来ていない方は結構多いです。

 

同じ向きに巻いているつもりでも、巻き上がりは違うものになってしまうので注意しましょう!

 

言葉だけでは伝わりにくいと思うので、簡単なgif動画を用意してみました。

※gifはどちらも右巻きに仕上がります。

 

●パネルの上からアイロンを入れるとは?

パネルの上からアイロンを入れているgif動画

gifをよくみていただくとわかると思いますが、パネルの上側からアイロンが入っていると思います。

これが「アイロンをパネルの上から入れる」という事です。

 

●パネルの下からアイロンを入れるとは?

パネルの下からアイロンを入れているgif動画

上からの場合と違い、パネルの下側からアイロンが入っています

これが「アイロンをパネルの下から入れる」という事になります。

 

ちなみに最初の角度(縦・横・斜め)の解説では、アイロンは全て下から入れています。

 

 

・・・アイロンの入れ方の違い、わかりましたか?

この入れ方の違いを理解した上で巻いていくと、以下の画像のように巻き分ける事ができます!

 

※「上から」アイロンを入れ、角度は「横」で巻いた場合の巻き上がり

「上から」アイロンを入れ、角度は「横」で巻いた場合の巻き上がり画像

 

※「下から」アイロンを入れ、角度は「横」で巻いた場合の巻き上がり

「下から」アイロンを入れ、角度は「横」で巻いた場合の巻き上がり画像

仕上がりが違っていることにお気づきでしょうか?

 

上からアイロンを入れた場合は、

スタートがえぐれたカールで始まり、かなりリッジの効いた印象に。


下からアイロンを入れた場合は、

スタートが膨らむので、ボリュームアップした印象に巻き上がります。

 

縦、横、斜めの角度に加え、アイロンの入れ方まで考えると、実は基本的な巻き方でもかなりのバリエーションが存在したことがわかっていただけたかと思います。

 

「斜め」+「上から」入れた場合の仕上がり

 

右巻き

 

左巻き

 

「横」+「上から」入れた場合の仕上がり

 

右巻き

 

左巻き

 

下から入れたバージョンは最初の項目で全て見せているので、残りの「上から」入れた場合の「斜め」と「横」の仕上がりの違いです。

どちらもスタートがえぐれてリッジの効いたカール感が出てきます。

 

僕は最近のスタイルではこちらの巻き方で全て巻くことが多いです。

アイロンの角度とこの入れ方も理解すれば、単なるMIX巻きでもちょっと複雑に見える巻きができますよ。

 

その他の巻き分けについて

主に角度や入れ方について解説してきましたが、補足として、巻き方と外し方の違いによる巻き分けも少し解説していきます。

巻き込んだあと一つずつ外していく

通常通り巻き込んだあと、一気に外さず巻き込んだ部分を一つずつ外していく巻き方です。

こうする事により、さらにゆるく巻きをつけることができます。

 

巻き込んだあとねじりを加えながら外していく

巻き込んだ後にねじりながら外していきます。

何年か前にすごく流行った、通称”わかめ巻き”と呼ばれる巻き方も、これを思いっきりねじりながら外すことによって出来ます。

 

仕上がりはかなりゆるめのウェーブに近いですね。

 

根元から巻き込んでいく

僕の場合は、基本的に少し滑らせながらテンションをかけて巻いていく場合が多いのですが、根元からしっかりとカールをつけたい時にはこの巻き方をします。

巻き方は、根元ギリギリからアイロンを当てて、そこからコテを一切動かさずにコテの回転だけで髪の毛を巻き込んでいきます。

根元に熱が当たってる時間が長いので、根元からしっかりカールがつきやすい巻き方となります。

 

その他の巻き分け

他にも、

アイロンの温度を下げて巻いてみたり…

毛先をあえて巻かずに逃してみたり……

毛先をねじってから巻いてみたり………

言い出せばキリがないほどの様々な巻き方があります。

 

これらは、角度や入れ方を理解した後で、いろいろ挑戦してみてくださいね。

 

まとめ

以上、カールを作る為の”巻き分け”についてでした。

 

髪を巻く時は、「角度」と「入れ方」を意識しながら!

そうすることで均一なカールで巻けたり、部分部分で使い分けることでいろんなデザインに対応できます!

 

これにプラスしてアイロンのサイズ、巻き方と外し方、設定温度などを細かく設定していけばカールのつけ方は無限大に広がりますね!

 

巻き下ろしは“ただ巻くだけ”のスタイルではなく、アップと同じようにいろんな表現ができます。

僕もあまり巻き下ろしは好きなスタイルではありませんでしたが、これに気付いた時、巻き下ろしも好きになれました!

実践であまり細かく考えすぎると時間も掛かるし頭も痛くなりますが。。。笑

 

練習しながらいろいろと試してみるとまた新しい発見があるかもしれません。

その中で自分だけの巻き方が見つかったら最高だと思います!

 

ヘアアイロンの関連記事

 

  • 7mm〜52mmまで様々なサイズのアイロンのカールの違いがわかります

写真で徹底比較!ヘアアイロン・コテの太さによるカールの違い

 

 

ヘアセットを基礎から学ぼう!

『基礎から学ぶヘアセット』をテーマに、ヘアセット上達に向けた基礎の知識や技術を公開しています!

 

●ピニング(ピン留め)

>ピニング① 基本的なアメピンの留め方&基礎練習

>ピニング② 実践的なピニング(ピンの留め方)の種類と応用

>準備中:ねじピン(Uピン)の使い方

 

●ゴム結び(ポニーテール)

>ヘアセットで使う、糸ゴムの結び方と解説

 

●ホットカーラー

>ホットカーラー編① 基本的な巻き方の解説

>ホットカーラー編② 構成に合わせたカーラーの巻き方

 

●逆毛

>【ヘアセットの基本】逆毛の立て方 ボリュームの出し方と応用テクニック

●カールアイロン基礎

>カールアイロン初心者が絶対に覚えたい、髪の巻き方&基礎知識

>【ヘアアイロン】挟む角度+入れ方で変わるカールの仕上がり【比較】

>準備中:カールのほぐし方による質感コントロール

 

●ストレートアイロン基礎

>準備中:ストレートアイロンの操作

 

●アップスタイル基礎

>【ヘアセット】アップスタイルの基本の土台、抱き合わせのやり方

>【ヘアセット】和髪にも使える!簡単で早いシニヨンベースの作り方

>準備中:ヘアセット練習用基本スタイルの作り方(抱き合わせを使った被せのアップ)

>準備中:簡単な和装スタイルの作り方

 

 

スポンサーリンク