ヘアセットをするには絶対に欠かせないヘアアイロン(コテ)ですが、この記事では

・ヘアアイロンの太さによって変わるカールの大きさ

・巻き下ろした場合の状態

を解説していきます。

 

もちろん巻き方によっては、カールの強弱やウェーブの出方は変わってしまいます。

今回はロッドの差のみに注目したいので、常に一定の巻きになるように意識して巻いていきます。

 

一般的によく使われる太さ〜普段は使わないような特殊な太さまで解説していくので、ヘアアイロンを購入予定の方やヘアデザインを考えている方は参考にしてください。

 

スポンサーリンク

 

ヘアアイロン(コテ)の太さとカールの大きさ

 

画像を見て分かる通り、太いヘアアイロン(コテ)は螺旋が少なく、カールは大きい仕上がりに。

細いヘアアイロンになるにつれて螺旋は多く、カールは細かくなっていきます。

 

また写真では比較しやすいように髪の長さを揃えていますが、実際はヘアアイロンの太さで巻きあがりの長さが変わります。

 

  • 太めで巻く場合→元の髪の長さとあまり変わらない
  • 細めで巻く場合→元の髪の長さよりも短くなる

 

ヘアアイロン(コテ)の太さ別巻き下ろしイメージ

☆画像の見方☆

  1. 巻いたままの状態
  2. 手ぐしでちょっとほぐした状態
  3. ブラシで更にほぐした状態

 ※巻き方・スライスの取り方全て同じです。
 (スライスは細かめにとっています)

52mmカール

52mmヘアアイロンで巻いた場合のカールとほぐした状態

 

カールはかなり緩く、厚めのスライスではクセはほとんどつきません。

細かめに巻いてもかなり緩めの仕上がりになり、ほぐすことで自然なパーマ風の仕上がりになります。

髪質によっては太すぎて全くカールがつかない場合も。

 

僕自身、このサイズはイマイチ使い所がわからず、あまり出番はありません。

 

ロッドの直径が5cmあるので、写真で見るよりも実物は相当大きく感じます。

一般の方なら、あえて揃える必要はないと思います。

 

スポンサーリンク

 

38mmカール

38mmヘアアイロンで巻いた場合のカールとほぐした状態

 

このサイズも緩めの仕上がりになります。

スライスを若干厚めに取ることで、52mmヘアアイロンで巻いたような仕上がりにする事も可能です。

 

セルフで巻く場合、髪の長さがロング以上ある方には適していますが、ショート〜ミディアムの方は、ロッドが太いため巻き辛いです。

 

普通に巻くだけでもほぐした状態のようなゆるいカールが作れますが、カールがつきにくい方やとれやすい方は、避けた方がいいサイズです。

 

 

32mmカール

32mmヘアアイロンで巻いた場合のカールとほぐした状態

 

一番よく使うサイズのアイロンです。

 

巻き方次第で、きつくも緩くもコントロールしやすいのが特徴。

操作に慣れれば、これ1本でいろんな巻き感が楽しめると思います。

 

アレンジするよりも、巻き下ろしが好きな方にはちょうどいいサイズ。

 

ミディアム~ロングどちらでも巻きやすいので、どのサイズがいいか悩んでいる方はとりあえず最初の一本としてオススメです。

 

 

 

25mmカール

25mmヘアアイロンで巻いた場合のカールとほぐした状態

 

巻いた感じは、細かめなカールになります。

細かめカールが好きな方や、ボブスタイルの方の襟足付近を巻いたりするのに使えます。

 

ヘアアレンジのベース巻きとしても、アレンジしやすいしっかりしたカールがつけやすいです。

アレンジメインで楽しみたい方は、32mmよりも使いやすいサイズかも。

 

また、カールがつきにくい方・とれやすい方にもオススメです。

このサイズで巻いておくと、巻きが取れかけても自然なカールが残ります。

 

自分で巻く場合の長さは、ショート~ミディアムまでの長さに適しています。

 

 

 

18mmカール

18mmヘアアイロンで巻いた場合のカールとほぐした状態

 

このサイズからは相当カールが細かいので、普段使う事はほぼありません

髪質がとても柔らかくカールが取れやすい人に使えば、外国人風のくせ毛っぽいニュアンスが出せます。

 

また、アレンジの際に跳ねてしまった毛先を巻きなおしたりする時に使いやすく、メンズやベリーショートの女性にカールをつけたい時にも使えます。

 

 

12mmカール

12mmヘアアイロンで巻いた場合のカールとほぐした状態

 

まるでベルサイユの薔薇に出てきそうなくらいのカールの細かさ。

バブリーなヘアスタイル(ソバージュ風など)や、昔のきつめウェーブ系スタイルを作る際のベースとして使ったりします。

髪がかなり短いメンズの方や、ベリーショートの女性にカールをつける際にも使えます。

 

 

7mmカール

7mmヘアアイロンで巻いた場合のカールとほぐした状態

 

普通に巻くとバネのようなカールに。

この細さで全頭巻くのは骨が折れます・・・。

 

12mmと同じく特殊系やメンズにも。

床屋でパンチパーマをかける際に、このくらいのアイロンを使っているのを見たことあります。

 

長さがあるとほぐした際に絡まりやすいので、ほぐす時は慎重に少しずつほぐしましょう。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

僕の場合は、一番使わないサイズは52mmアイロン

 

太すぎて使いどころが本当にありません・・・。

 

細めの12mmや7mmの方が、細かいカールをちょこっとつけたり、部分使いもできます。

たまにバブリーなセットもしたりするので、意外と出番は多かったです。

プロの方、プロを目指す方は持っておいても良いサイズだと思います。

 

一般の方のセルフ用として一番使いやすいサイズは32mm。

髪の長さがミディアム〜ロング以上あり、アイロン初心者の方はこのサイズをお勧めします。

 

次いでショート〜ミディアムでしっかり巻きたい方、アレンジにも使いたい方は25mmのサイズを選びましょう。

※ミディアムでもワンカールさせたいくらいでしたら、32mmを選んでおけば巻き髪とワンカールどちらにも対応出来ます。

 

他のサイズはどうしても自分がやりたいニュアンスが出ない場合に検討するくらいでいいかと思います。

以上カールアイロンのサイズ比較でした!参考になりましたら幸いです。

 

あなたへのオススメ記事

最初の1本をお探しの方に

 

ストレートアイロンをお探しの方へ

 

プロも勧める『ヘアビューロン3D Plus』情報

 

「巻き方」によって変わる仕上がりの違いを比較。

※こちらの記事は専門性が強くプロの方向けの記事となります。

 
 

ヘアセットを基礎から学ぼう!

●ピニング(ピン留め)

▶︎基本的なアメピンの留め方&基礎練習

▶︎実践的なピニング(ピンの留め方)の種類と応用

▶︎Uピンの使い方『留める&抑える&支える』の3つの用途

 

●ゴム結び(ポニーテール)

▶︎ヘアセットで使う、糸ゴムの結び方と解説

 

●ホットカーラー

▶︎基本的な巻き方の解説

▶︎構成に合わせたカーラーの巻き方

 

●逆毛

▶︎【ヘアセットの基本】綺麗な逆毛の立て方 正しい手の使い方と基本理論

 

●カールアイロン基礎

▶︎カールアイロン初心者が絶対に覚えたい、髪の巻き方&基礎知識

▶︎挟む角度+入れ方で変わるカールの仕上がり【比較】

▶︎準備中:カールのほぐし方による質感コントロール

 

●ストレートアイロン基礎

▶︎準備中:ストレートアイロンの操作

 

●アップスタイル基礎

▶︎【ヘアセット】アップスタイルの基本の土台、抱き合わせのやり方

▶︎【ヘアセット】和髪にも使える!簡単で早いシニヨンベースの作り方

▶︎準備中:ヘアセット練習用基本スタイルの作り方(抱き合わせを使った被せのアップ)

▶︎準備中:簡単な和装スタイルの作り方

 

●ヘアセットに使う道具類と解説

▶︎【プロ向けの道具類解説】ヘアセット練習で最初に揃えたい道具の選び方

 

スポンサーリンク