美容に馴染みのない方は、「ダッカール」って何?ってなりますよね。

「ダッカール」とはヘアクリップの事を指します。

美容業ではヘアクリップの事をダッカールと呼んだりします。

使う用途に合わせて何種類かありますので、この記事ではヘアセットに使うダッカールの種類と使い方について解説していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

ダッカールの種類とその使い方

ダッカールの種類と使い方・ダッカール

まずはこのタイプのもの。

一番よく見るタイプのダッカールだと思います。

 

使う用途としてはブロッキングをする時に使い、挟む力が割と強くしっかりと毛束をホールドしてくれます。

ただ、毛量の多い人の髪を一気にまとめようとすると、一本では端からスルスルと髪の毛が落ちてくる事があるのが難点です。

 

ダッカールの種類と使い方・ワニクリップ

ワニの口のようにがっしりと毛を挟んでくれるので、ワニクリップとかクロコクリップとも言います。

カットではあまり使う人はいないと思いますが、巻き下ろしなどでざっくりとブロッキングする時に、量の多い毛も一本でしっかりと挟んでくれるので作業効率がとてもいいです。

セルフで巻いたりする方はこいつが一本あるととても便利に使えますよ。

 

ダッカールの種類と使い方・

このタイプのダッカールは、面で作るスタイルや和髪を作る時に使うものなので、プロ専用のダッカールになります。

整えた面をピンで留めていく前に仮止めで固定したい時に使います。

作っているスタイルを崩さないように、挟む力は他のものに比べると若干弱めに作られています。

また、挟める量も少ないためブロッキングには向きません。

 

あなたにおススメの関連記事

  • ダッカールを使って実際にブロッキングをしてみましょう。

すぐに実践出来る!簡単なブロッキングとやり方解説

 

  • ヘアセットに使う道具類の解説です。

ヘアセットに使うヘアブラシ、コームの種類

 

  • 無駄なものを買わない為に。

【プロ用】ヘアセット練習で最初に揃えたい道具の選び方

 

スポンサーリンク