『ヘアアレンジ』ヘアバトンでセルフ向けルーズアップ

 

今回はピンを使わずに出来るセルフ向けのヘアアレンジの紹介です。

セルフアレンジでアップにするのはなかなか難しいと思いますが、今からご紹介する方法を使えばセルフでも簡単にアップにすることが出来ちゃいます。

 

ゴム2本とヘアバトン1本あれば出来るので是非試してくださいね!

 

スポンサーリンク

 

ヘアアレンジのやり方

まずは動画で流れをご覧ください。

 

アレンジの手順とポイントの解説

※手順を追っていきながら、動画でわかりにくい部分を解説していきます。

 

まず、今回のアレンジの中心となるヘアバトンなのですが、軸があまりに細いものだと髪の反発に負けてしまいます。

ヘアバトン

上画像の白い四角いヘアバトンのように軸がしっかりとしているものを選びましょう。

丸いヘアバトンは軸が細すぎる為、今回のようなアップスタイルには不向きです。

 

次に手順と解説をしていきますね。

 

☆任意で最初に毛先を巻きます

任意で毛先を巻いていきます。

毛先を全てしまいたい場合などは巻かなくても大丈夫です。

 

逆に毛先を残して遊ばせておきたい場合や、髪質が固めの方はほんとに軽くで大丈夫なので、少し毛先を巻いておくととてもアレンジしやすくなります。

 

☆下めでポニーテールに結びます

このあと崩しを入れていくので、きつく結びすぎないようにしましょう。

きつく結びすぎると崩していくときに、髪の毛が引き出しづらくなってしまいます。

 

シリコンゴムでしたら2〜3回ほど巻きつければ十分です。

 

少し崩した状態です。

ここはお好みで自分がほしい部分にボリュームをだしていきましょう。

 

引き出す時、上手く見せるポイントはどこにボリュームを出すかです。

下めにボリュームがあるスタイルの場合は上に高さを出しすぎると上にボリューム、下にもボリュームとなりバランスがおかしくなります。

なので、トップは控えめに、そして奥行きをやや出してあげるようにする横からのシルエットがとても綺麗に仕上がります。

 

顔周りもふんわりさせたい方は”ひし形◇”を意識してボリュームを出していくとバランスがよくなりやすいです。

 

☆ポニーテール部分を三つ編み

 

ざっくりと三つ編みしていきます。

本当に適当で大丈夫です。

 

毛先付近まで編んだら、ゴムで結び、三つ編みを軽く崩していきます。

 

上のゴムはほぼ見えなくなるのでそのままでも大丈夫ですが、下のゴムは毛先を遊ばせる場合はゴムが少し見えてきてしまうので、気になる方は先に隠しておきましょう。

スポンサーリンク

 

☆髪をまとめる

ここでヘアバトンの登場です。

三つ編み部分をくるっと1回〜2回丸めたら手でしっかり抑え、ヘアバトンを取り付けていきます。

 

取り付け方は動画では右からなので、右からの場合で解説していきます。

・右側から三つ編み部分にヘアバトンの軸を差し込みます。

・差し込んだらそのまま頭皮に沿わせるように動かします。

・左側の三つ編み部分から軸を出してヘアバトンのキャップで固定

 

これで、しっかりと固定されます。

注意点としては、髪を丸めた部分がヘアバトンの軸の幅より大きくなりすぎない事です。

 

動画では毛先を残して遊ばせたので、最後に軽く毛先を散らして完成です。

 

ちなみに、毛先はしまいこむより遊ばせてしまった方が難易度は下がります。

また、長時間持たせたい場合や慣れてなくて心配は場合は、補助としてUピンを数本さしておくと安心です。

 

『ヘアアレンジ』ヘアバトンでセルフ向けルーズアップ バック

バックショットです。

『ヘアアレンジ』ヘアバトンでセルフ向けルーズアップ サイド

『ヘアアレンジ』ヘアバトンでセルフ向けルーズアップ 黒髪ver

おまけの黒髪verです。

 

まとめ

ヘアバトンを利用した髪のまとめ方の紹介でした。

大きめのヘアクリップなどでざくっとまとめた感じとプロにセットしてもらった感じのちょうど中間くらいなクオリティのアレンジだと思います。

 

適当すぎず、かつ張り切りすぎずなニュアンスでお出かけやデートなどちょっと雰囲気を変えたい時などにぴったりな簡単ヘアアレンジなので、是非試してみてくださいね!

スポンサーリンク