ヘアバトンゴム隠しアレンジ

ヘアバトンを使ってできる編みおろしアレンジその2です。

前回はコチラ→ゴムを可愛く隠しながら編みおろしアレンジpart1

 

編みおろしは簡単な編み方でもちょっとした工夫で可愛く仕上がるので、友達同士でアレンジしあったり、お子様にしてあげてみたりするのに最適だと思います。

アップスタイルなどはピンを使ったりと自分でやるには敷居が高いですが、編みおろしでしたらそんな心配はありませんので、気軽に試して頂けたらと思います!

スポンサーリンク

 

編みおろしアレンジのやり方

まずはざっと動画で流れをご覧ください。

 

アレンジの手順とポイントの解説

手順を追っていきながら、動画でわかりにくい部分を解説していきます。

 

☆簡単にブロッキング

後々、編み込みを入れていく部分を避けておきます。

避けておく部分はざっくりで大丈夫です。
スライスも綺麗にとる必要はないので、トップ〜サイドの1部分をヘアクリップで避けておきます。

 

クリップで止めた状態です。

この状態まで出来ましたら、残りの毛を下めに結んでいきます。

ゴムは固く結びすぎないようにするのがポイントです。

結んだら最初のクリップは外してしまいましょう。

 

☆崩しを入れる

お好みで崩しを入れていきます。

崩した状態です。

 

写真はウェーブベースで作っているので、引き出した部分がうねるようになっています。

詳しくはコチラで解説しています→ベースによる仕上がりの違いとウェーブベースの作り方

 

あまり慣れていない場合、あまり大きく崩しすぎるとバランスを取るのが難しいので、少しずつ崩していくのがオススメです。

 

ちなみに動画で引き出した部分にさしていたのはUピン(ネジピン)です。

このピンはスプレーで固めたあとに外すのですが、引き出しの角度などをちょっと微調整したい時などに使う小技です。

 

もちろんこれをやらないと出来ないわけではありません。

 

☆残したおいた毛を編んでいく

最初に残しておいた毛をロープ編みで編んでいきます。

 

髪の表面を二つに分け、ねじってすくうを繰り返していきます。

すくう毛がなくなったら、上の部分を軽く崩しつつゴムの位置までねじって編んでいきます。

 

ゴムの位置まで編んだら、ゴムの部分の毛をすくいながら編んでいきます。

左側の毛をすくってねじっていきましょう。

 

ある程度編めたら一度ゴムで結びます。

編み目はスタートからだんだんと左に繋がるように編めていれば大丈夫です。

 

編み目を引き出していきます。

下から順番に引き出していき、カーブしている部分はカーブの頂点を少し大きく引き出すとしっかりとラウンドしているように見えてバランスがよくなります。

 

引き出せたら1つ目のヘアバトンを斜めに取り付け、ゴムを隠します。

隠し方はコチラで詳しく解説しています→ヘアバトンを使っておしゃれにゴム隠し

 

ゴムが隠せたら一つ目のヘアバトンにクロスさせるようにもう一つヘアバトンを取り付けます。

 

スポンサーリンク

 

☆髪を巻いて仕上げる

お好みで髪の毛を巻いて仕上げます。

※セルフでやる場合は事前に髪を巻いておく方がやりやすいです。

カールはなんでもいいのですが、動画では25mmのコテとストレートアイロンを使いウェーブとカールのMIXで巻いてみました。

巻いた後はしっかりとほぐして整えましょう。

細かい所を整えたら完成です

 

全体像はこんな感じです。

ねじり編みとヘアバトンがポイントになっています。

 

まとめ

ヘアバトンを使ったアレンジその2でした。

前回は三つ編みをポイントに、今回はねじり編みをポイントにおいています。

似た感じのスタイルですが、ちょっとやり方を変えるだけで雰囲気が変わってきます。

 

是非試してみてくださいね!

スポンサーリンク