『ヘアアレンジ』ヘアバトンを使った編みおろし完成イメージ

今回は、ヘアバトンでゴム隠しをしながら編みおろしをするヘアアレンジをご紹介します。

 

複雑そうに見えて行程はとても単純です!

スポンサーリンク

 

編みおろしアレンジのやり方

まずは動画でざっと流れをご覧ください。

 

編みおろしアレンジの手順とポイント解説

手順と動画ではわかりづらいポイントを解説していきます。

☆編み込みを入れていく

前髪から表編み込みを入れていきます。

綺麗に編まなくてもいいので、ざっくりと大きく編んでいきます。

頭皮に沿わせるように注意しながら編んでいき、半分くらい編み進めた所で普通の三つ編みに切り替えて編んでいきます。

 

 

三つ編み部分とおりている部分を一緒にまとめ、下めで結びます。

 

☆少しずつ崩していく

少しずつ崩していきます。

動画では髪の毛にウェーブをかけているので、引き出した所がうねるような形になります。

 

詳しくはこちらで解説しています→ベースによる仕上がりの違いとウェーブベースの作り方

もちろんストレートの状態でもできますが、仕上がりが変わってきます。

 

☆編みおろし部分の作り方

まずは最初に結んだゴムを隠していきます。

このゴム隠しのデザインはヘアバトンを使って出来ます。

 

コチラの記事で、ヘアバトンを使ったゴムの隠し方を詳しく紹介しています→ヘアバトンを使っておしゃれにゴム隠し

※リンク先の記事の2つ目の隠し方が同じものになります。

 

下りている部分の左右を三つ編みしていきます。

左側を編んでいます。

反対の右側も同じように三つ編みします。

両方に三つ編みが編めたら左右の三つ編みと真ん中のポニー部分をまとめて結びます。

 

結んだら三つ編み部分に崩しをいれていきます。

三つ編み部分は横に広げるように崩していくのがポイントです。

 

真ん中のポニー部分は縦に少しだけ引き出しましょう。

 

2つめのゴムも同じようにヘアバトンを使って隠していきます。

※リンク先記事内の1つ目のゴム隠しのやり方です。

 

スポンサーリンク

 

☆毛先を巻いて仕上げる

コテで毛先に軽くカールをつけていきます。

巻きが取れにくい方は事前に巻いておいても大丈夫です。

毛先だけ巻いた状態です。

崩していくと・・・

このようにボリュームが出て柔らかく仕上がります。

 

全体の仕上がりはこんな感じになります。

鏡をみながら細かいところを調節すれば完成です。

 

まとめ

ヘアバトンを使ったゴム隠しを使うことによって、ゴム部分にアクセントを入れる事ができます。

特別難しいテクニックは使っていないですが、すごく凝ったスタイルに見えてきますよね。

 

とても簡単なテクニックなので、是非取り入れてみてくださいね!

 

スポンサーリンク