レースやリボンを使った、ふわふわツイン編みおろし

 

今回は編みおろしでつくる、ふんわりツインテールアレンジのご紹介です。

 

普段は客層的に大人っぽいスタイルや落ち着いたスタイルの方が作ることが多いですが、

たまにはこういったかわいい系アレンジもやってみたくなりますね!

 

  • アイドルのコンサート
  • イベント

等で、かわいく目立ちたい!なんて時にぴったりなアレンジではないかと思います。

 

スポンサーリンク

 

必要な髪の長さ・毛量

編みおろし部分をなるべく長く見せる場合はロングの長さが必要ですが、

頭全体にかけての編み込みデザインはミディアム程度の長さでも十分可能です。

 

毛量はあまり気にしなくても大丈夫です。

 

 

スタイルの作り方紹介

 

アレンジの手順とポイントの解説

ベースは基本ストレートベースですが、毛先だけ先に巻いておいても問題ありません。

 

根元がペタっとしている状態の方は、先に根元を立ち上げておくと引き出した時に自然と立ち上がってくれます。

ブロッキングはセンターをジグザグに分けておきます。

 

全体に編み込みを入れる

編み込みを全てロープ編みで入れていきます。

分け方は、最初に左右に分けた髪の毛をそれぞれ3等分にして編みます。

 

スライスは全てジグザグスライスでとっていくのがポイントです。

 

編む方向は顔周りからリバース、フォワード、リバースとMIXになるようにねじって編んでいきます。

 

編んだら、それぞれ耳の横あたりでゴムを結びます。

 

結ぶ角度は写真のように肩に入るように結びます。

結んだあとは、編み目をどんどん崩してふわふわにしていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

前髪部分の作り方

前髪がある場合は飛ばしてください。

この工程は、前髪がない(長い)場合のアレンジになります。

 

前髪は一部ロープ編みをしながら編んでいき、最後に残った毛を全てすくって前髪にしています。

(ここは動画の方がわかりやすいかもしれません。)

 

固定の仕方はやりやすい方法で大丈夫です。

動画ではロープ編みした毛をおろし部分に巻きつけてゴムで固定しています。

 

おろし部分の作り方

レースを編み込む場合は、

前髪をとめた時にできた輪っかにレースを通して一度結びます。

 

編み方は四つ編みで編んでいきます。

レースの2本と毛束を2つに分けた4本で編みます。

 

四つ編みの編み方はこちらで詳しく解説してますので、わからない方は見てみてくださいね。

ヘアセット・ヘアアレンジで使ういろいろな編み方をGIF動画で解説

 

編んで崩してゴムでとめた状態がこちらです。

余ったレースはゴムに巻きつけて結びます。

 

今回はアシンメトリーなデザインにしたので、

反対側は普通に毛束を4本に分けて四つ編みしていきます。

 

四つ編みしたらざっくりと崩します。

 

ヘアアクセを取り付けて完成

お好みのヘアアクセサリーを取り付けたら完成です。

今回使った飾りはピーターパンのウェンディの髪型を作った時に使ったリボンと、安室奈美恵さんの紅白アレンジを再現したときに使ったレースを編み込んでます。

 

まとめ

編み込み系アレンジは編んで崩すだけで複雑に見せる事ができる便利なアレンジです。

プロの方でなくても、ちょっとの練習でアレンジできるようになると思います。

 

(自分の髪をアレンジするのが苦手なかたは、

友達同士でお互いの髪をアレンジし合うとやりやすいですよ。)

 

使っている編み込みは2本の毛束で編んでいく編み方なので、とても簡単な編み方です。

イベントやコンサートにいく際に、ぜひチャレンジしてみてはいかがしょうか?

スポンサーリンク