クリスマスリースヘアアレンジ

 

今回はクリスマスにぴったりな簡単ヘアアレンジのご紹介です。

 

逆りんぱ(くるりんぱの逆ver.)+三つ編みでつくれます。

リースを模したデザインでお子様のクリスマス会やその他のイベントにもぴったりなアレンジです!

 

リース部分のデコレーションは自由に出来るので、お好きな飾りをチョイスすれば個性分けも出来ると思います。

 

スポンサーリンク

 

 

ヘアアレンジのやり方

※まずは動画で流れをご覧ください。

 

アレンジの手順とポイントの解説

リース部分はとても簡単に作ることができます。

使うものはシリコンゴム2つのみです。

逆りんぱと三つ編みだけ出来れば大丈夫です!

☆全体を軽く巻き、中心部分を丸く分けとる

ざっくりと毛先を中心に軽く巻いておきます。

 

リースにしたい部分を丸く分け取ります。

リースの位置は分け取る位置を変えれば応用可能です。(例えばサイドに小さなリースを作ったりなど)

 

☆ゴムで結び、くるりんぱ(逆りんぱ)をします

根元ぎりぎりより少し緩めたところでゴムを結びます。

結んだ部分を逆りんぱします。

※くるりんぱは上から下にくぐらせますが、逆りんぱは下から上にくぐらせます。

 

くぐらせたら、髪を広げてゴムを根元付近までずらしてしっかりと固定します。

 

☆三つ編みでリース部分を作る

逆りんぱをした部分を2つに分けて、それぞれ3つ編みをします。

この時になるべく均一な量になるように髪の毛を分けて編みましょう。

 

三つ編みした部分の外側だけ広げていくとリースっぽく丸くなりやすいです。

 

両方編めたら下でゴムを結びます。

これでリースの土台となる部分は完成です。

 

スポンサーリンク

 

☆髪を巻いていく

巻き方はお好みで巻いて大丈夫ですが、写真と同じ巻き感がいい方は参考にしてください。

毛先は最初にカールをつけているので、中間部分を少しずつすくいながら巻いていきます。

全体をリバースで巻いているので、ほぐすとカールがまとまり、ウェーブ感のある巻きに仕上がります。

 

フックのような形を意識して、毛先だけストレートで巻きを強くしました。

 

最後にパサつきをとり、まとまりを出す為にオイルを少量手にとって、毛先を中心に馴染ませていきます。

 

以上が動画の巻き方の解説です。

 

☆リースを飾り付けして完成

ご自分の好きな感じに自由に飾りをつけていきましょう!

 

上と下のゴムがそのままだと見えるのでそこだけは何かしら飾りをつけて隠しましょう。

写真はベルとリボンをゴム部分につけて隠しています。

 

クリスマスリースヘアアレンジ

飾りつけが出来たら完成です!

 

クリスマスリースヘアアレンジ全体

全体の仕上がりはこんな感じです。

 

まとめ

クリスマスリースアレンジいかがでしたでしょうか?

土台のリース部分はくるりんぱ+三つ編みで簡単です!

 

飾りつけを変えれば全く違った印象にすることも出来ます。

例えばアイドルのコンサートなどで担当カラーでデコレーションしたり…

などイベントにも最適かと思います!ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

スポンサーリンク