【簡単】シニヨンじょうずで作る!おしゃれなルーズシニヨンのやり方

 

今回は100円ショップ(ダ◯ソー)で売っている「シニヨンじょうず」を使った応用アレンジを紹介します。

 

セルフでも簡単にシニヨンが作れる便利な「シニヨンじょうず」ですが、

ただ「シニヨンじょうず」を使って作るだけでは、

髪を丸くまとめただけ”

にしか見えないので、見栄え的に正直ちょっとつまらないですよね・・・。

 

今回はそんなときに使える、

「シニヨンじょうず」でよりおしゃれに見えるシニヨンの作り方

を解説していきます!

簡単なピンうち・ゴムを結ぶ、など基本的なことができれば可能なアレンジなので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

スポンサーリンク

 

アレンジに必要なもの

  • ヘアゴム×2
  • アメピン×2
  • シニヨンじょうずMサイズ(シニヨンメーカーMサイズ)×1

 

これにプラスして髪の毛を巻きたい場合はストレートアイロンかカールアイロンが必要になります。

アイロンを使って髪の毛にウェーブをつける事で、よりおしゃれで複雑なアレンジに見せる事ができます。

 

アイロン使いに慣れている方はベースを作る事も意識してみましょう。

 

スタイルの作り方紹介

 

アレンジの手順とポイントの解説

まずアイロンが使える方は髪の表面を巻いてベースをつけていきましょう。

(アイロンが苦手な方はここはスルーしても大丈夫です。)

 

動画では25mmのアイロンを使って、表面部分だけを1束ずつすくってMIXで巻いています。

セルフで巻く場合、等間隔で綺麗に巻くのはよっぽど慣れていないと難しいと思いますので、ざっくりで大丈夫です。

 

巻いた後は手ぐしを入れて軽くほぐしておきましょう。

ベース:25mmアイロンで表面をMIX巻きした状態

下めで髪を結ぶ

両サイドを残して、髪を下めでポニーテールにします。

結んだ後に最初に巻いた部分を軽く引き出すと、うねりが出て立体感が出てきます。

両サイドをねじってをとめる

左右どちらからでも構いませんので、やりやすい方からとめていきます。

軽くねじりながら崩し、ゴムの部分でアメピンで固定します。

 

ゴムを結んだ部分に向かってピンをとめると固定しやすくなります。

 

片側ができたら反対側も同じようにとめていきます。

ここで出来るサイドをとめた毛先の処理は、後の行程で詳しく解説していきます。

シニヨン部分の作り方

結んだ毛束を毛先付近まで三つ編みしていきます。

 

ここで「シニヨンじょうず」の登場です!

毛先を結ぶ前に、三つ編みしてきた3本のうちの1本を「シニヨンじょうず」の輪っかに通して、残りの2本と一緒にゴムで結んで固定します。

 

こうする事で毛先をくるくる巻き込む際に、髪の毛が「シニヨンじょうず」から絶対に抜けなくなります。

髪質によってはとても巻き込みやすく、崩れにくくもなります。

 

毛先を結んだら、三つ編みした髪をねじりながら編み目をくずしていきましょう。

ねじる事で立体感がでやすくなります。

 

髪の毛を巻き込んでいきます。

巻き込み方は、下ではなく上に向かって巻きつけていきましょう。

 

最後まで巻きつけたら、フック部分を下に向かって曲げて引っ掛けます。

スポンサーリンク

 

余った毛先の処理のやり方

 

ここまでで、後れ毛などを特に残してない場合、サイドの毛先だけがストレート状態のまま残ってしまっているかと思います。

このサイドの毛先の処理のやり方はいくつかあります。

 

  • 仕上げにカールアイロンでカールをつける(動画ではこのやり方で作っています)

  • ねじってピンでとめる前に、サイドの毛先にカールをつけておく(慣れていない方にオススメ)

  • 三つ編み部分と一緒に編み込んで、シニヨンメーカーでまとめてしまう(シンプル派の方に)

 

以下でもっと詳しく解説していきます。

仕上げにカールアイロンでカールをつける

動画では ねじってとめた時に残ったストレートの毛先に、最後カールをつけて作っています。

 

このやり方は最後にカール感を調整しやすいのがメリットです。

お好みの巻き具合で仕上げてください。

 

デメリットは短い部分を巻くことになるので、セルフでは慣れていないと巻きにくく、火傷などに注意が必要です。

 

ねじってピンでとめる前に、サイドの毛先にカールをつけておく

サイドをピンで固定する前の段階で先に巻いてしまうやり方です。

短い部分を巻くわけではないので巻きやすく、慣れていない方にもオススメのやり方です。

 

デメリットは、とめた後のカール感を好きな仕上がりに調節しにくくなります。

 

三つ編み部分と一緒に編み込んで、シニヨンメーカーでまとめてしまう

特に髪の毛をごちゃごちゃ出さず、シンプルにまとめていきたい方にオススメです。

 

結んだ毛を三つ編みしていく時に、一緒にとめたサイドの毛先も編んでしまいましょう。

毛先の処理の必要もなくなりますし、首元がすっきり綺麗に仕上がります。

 

 

自分にあったやり方で試してみてくださいね!

 

シニヨンじょうずで作るルーズシニヨン、完成1

シニヨンじょうずで作るルーズシニヨン、完成1

 

まとめ

「シニヨンじょうず」(シニヨンメーカー)は100円均一のダ◯ソーで手軽に買うことができます。

 

この道具のとてもいい所は、初心者の方が難しい下めのシニヨンスタイルを簡単に作れる所です!

一番難しい部分を「シニヨンじょうず」がフォローしてくれるので、他の部分に手間をかける事ができるようになりました!

 

この道具を使って基本的なアレンジ〜応用までできると さらにスタイルの幅が広がるので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

 

「シニヨンじょうず」の基本的な使い方はこちらの記事で書いています。

「シニヨンじょうず」は難しい?プロが正しい使い方・コツを紹介

 

ご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク