バタフライリボンアレンジ

今回は髪の毛をバタフライリボンのように見せるアレンジの紹介です。

シンプルな手順で簡単かつクオリティの高いリボンアレンジが出来ますので是非試してみてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

ヘアアレンジのやり方

※まずは動画で流れをご覧ください。

 

 

アレンジの手順とポイントの解説

流れは動画で見た通り簡単なのですが、いくつかポイントがありますのでこちらで解説していきたいと思います。

 

☆バタフライリボン部分の作り方

ゴムを下めに結びます。

このアレンジはゴムの角度がそのままデザインに影響するので、どこで結ぶにしても毛束の角度を少し下に向けて結びましょう。

 

下めに結んだら、毛束の側面から髪の毛を少しすくい2つに分けてツイストさせていきます。

実際にツイストの必要があるのは根元付近だけですが、アレンジスティックを通している時に少し緩むので、余分にしっかりツイストさせておきましょう。

 

ツイストさせたものをアレンジスティックに通して引き抜きます。

 

この作業を左右両方同じように行います。

ねじる向きだけ左右で同じになる様にきをつけてくださいね。

※動画では左側は時計ねじり、右側は反時計ねじりをしています。

 

左右が出来たら、次は中心部分を作ります。

毛束の中心からすこし髪の毛をすくい、左右と同じ様にアレンジスティックで通していきましょう。

毛束の量は左右部分はなるべく同じ量になるように調整し、中心部分は左右の量よりも少し少なめにするとバランスがいいです。

 

全て通した状態です。

これで下準備は完了です!

 

☆リボン部分を広げていく

この状態から少しずつ髪の毛を広げていきます。

なるべくパサつきが出ない様に指にスタイリング剤等をなじませながら、少しずつずらす様に広げていきます。

 

広げていく順番はどこからでもいいですが、左右の羽部分から広げていくのがやりやすいと思います。

 

左右の羽部分が2枚重なっているように見えると思いますが、これは最初にツイストを入れた事により2方向に広げられるようになっている為です。

上の羽を大きく、下の羽を少し小さく広げる事によって蝶々の羽のようなデザインに仕上がります。

 

バタフライリボンアレンジ

正面からみるとこんな感じになっています。

 

スポンサーリンク

 

☆リボンの紐部分を巻いて完成

そのままでも可愛いのですが、もう一手間加えていきます。

ポニーテール部分から、毛束を少量すくってストレートで癖つけをします。

 

リボンの中心部分から紐が出ているのを意識して癖をつけると、リボン全体のつながりがよくなります。

最後にスタイリング剤を使って全体を整えて完成です。

 

紐部分はスタイリング剤をつけた指でなぞってあげるとリッジが出て目立ってきます。

 

バタフライリボンアレンジ

 

まとめ

ポイントは、

・ゴムを結ぶ時は角度を下に。

・ツイストは少し余分に。

・広げる時は上の羽を大きく、下の羽を小さく。

 

コツを掴むまではちょっと難しいかもしれませんが、慣れればシンプルな手順で簡単に作れます。

是非ためしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク