【簡単ヘアアレンジ】アレンジスティックを使った簡単なカジュアルシニヨン

 

今回はアレンジスティック(くるりんぱスティック)を使って毛束をまとめた、カジュアルなシニヨンアレンジの紹介です。

ちょっとしたお出かけ〜オフィススタイルなど、普段使いにぴったりなスタイルになっています。

 

ピンの数や工程が少なめで比較的簡単なアレンジですので、毎日のアレンジにお悩みでしたらぜひ試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

必要な髪の長さ・毛量

結んだ毛束のゴム部分にアレンジスティックを使って髪をまとめていくので、ある程度の長さが必要です。

ミディアム〜ロングくらいの長さがちょうど良いかと思います。

 

量は多すぎない方の方がこのアレンジには適しています。

 

 

スタイルの作り方紹介

 

アレンジの手順とポイントの解説

ベースは25mmアイロンで表面を中心にミックスに巻いておきます。

巻いた後は軽くコームや手ぐしを入れてほぐします。

ほぐす時に少々オイルをつけておくと、パサつきがおさまり自然な艶が出せます。

※巻いたままの状態

 

※ほぐしてオイルを少し馴染ませた状態

 

下めで結んでいきます

下めに一つで結びます。

結ぶときはあまり強く結びすぎないように注意しましょう。

 

巻いたカール部分をつまみながら引き出していきます。

強く結びすぎると、この工程がやりづらくなります。

 

今回はあまり作りこみすぎない程度に引き出しています。

 

スポンサーリンク

 

結び目を下に折って結びお団子を作る

こんな感じで毛束を折ってゴムで結び、お団子を作ります。

このとき結んだゴムにのちのち髪の毛を通してまとめていきます。

そのままだと結び目の上に大きすぎる空間ができてしまうので、お団子と後頭部部分をくっつけるようにピンをうっていきます。

動画ではちょっとわかりづらいですが、Uピンを引っ掛けた後にUピン部分にアメピンをうって固定しています。

 

この部分は見えてこないので、ある程度とまって入れば大丈夫です。

不安であれば何本かピンをうってしまいましょう。

 

この後にお団子部分を引き出して動きをつけていきます。

 

アレンジスティックを使ったシニヨン部分のまとめ方

 

残った髪の毛をまとめていきます。

この状態のままだと長すぎるので、後れ毛程度になるように調整していきます。

 

まとめ方は簡単で、アレンジスティックをゴムに通して髪をくぐらせていくだけです。

 

動画では2回くぐらせています。

 

ピンを使っての下め固定は難しく、崩れやすくなりますが、このやり方ではその心配が少ないので多少激しく動いても大丈夫です。

 

残った髪の毛を巻いて仕上げます

残った毛先を全てしまいこんでもいいですが、遊びをつけたい場合は落ちた毛先にカールをつけていきます。

短い毛先は25mmや32mmアイロンでは巻きにくいので、ストレートアイロンを使って内か外にハネさせるように巻いていくとカールがつけやすくなります。

 

【簡単ヘアアレンジ】アレンジスティックを使った簡単なカジュアルシニヨン

【簡単ヘアアレンジ】アレンジスティックを使った簡単なカジュアルシニヨン

【簡単ヘアアレンジ】アレンジスティックを使った簡単なカジュアルシニヨン

 

おまけ

前髪部分をしまう場合、アレンジスティックを使ってしまっていくと作りやすいですよ。

先に前髪も一緒に結んでしまうよりも、後に残しておいた方が頬骨にかかるようにゆるっと止めやすいので、よりルーズにしたい場合はこちらのやり方がオススメです。

 

まとめ

今回のスタイルはよくあるデザインですが、アレンジスティックを使うことによって、簡単な工程でも仕上げられるようにしています。

また、ピンをメインで作るスタイルは技量の差で崩れにくさが変わってきますが、こちらはゴムをメインで使うので関係なく長時間持たせやすいです。

ピン打ちが苦手な方、ピンを多用すると頭が痛くなる方はこのやり方を参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク