今回はリクエストいただきました、安室奈美恵さん『brighter day』のヘアアレンジの作り方を解説していきます。

こちらはドラマ『ファーストクラス』の主題歌にもなっていた曲ですね。僕も少し見ていたので懐かしくなりました。

 

中間位置にボリュームを出したカールアップと、お団子の間のようなシルエット、個性的な引き出し加減が特徴のアップスタイルとなります。

長めに残したルーズな後れ毛もこのアレンジのポイントですね!

 

このアレンジを作るにあたって、MVや当時の情報番組を参考に作らせていただきました。

実際の作り方とは多少違うと思いますが、ご了承ください。

 

なお、このアレンジは構成自体は難しくないですが、セルフでやる場合はちょっと難易度が高いので補助してくれる方に協力してもらったり、友達同士でアレンジしあうなどして作る事ををおススメします。

 

 

スポンサーリンク

 

必要な髪の長さ・毛量

必要な長さは長めのミディアム〜ロング推奨です。

やりやすい毛量は普通程度だとセルフでもまとめやすいかと思います。

 

スタイルの作り方紹介

 

アレンジの手順とポイントの解説

  • 髪質が柔らかい場合→毛先のみ事前にざっくりコテ巻き
  • 髪質が硬い場合→中間から毛先までをしっかりめにコテで巻いておく

と作りやすくなります。

巻いたら、軽めにオイルをつけながらほぐしておきましょう。

 

後れ毛を残し下の毛をポニーテールに結ぶ

後れ毛は先に残したい量を決めて、混ざらないようにクリップなどでまとめておきましょう。

後れ毛を残したら、髪を上下に分けていきます。

分け方は耳上2〜3センチのところからぐるっと一周スライスをとります。

 

この安室さんのアレンジでは、耳上2〜3センチのところがタイトめなので、このとり方をしています。

こうする事で、前からみたときに耳上をきゅっとタイトにする事ができます。

 

上下に分けたら、下を真ん中より気持ち上の位置でポニーテールに結びましょう。

 

ポニーテール部分のまとめ方

この辺りは動画と見比べながらの方がわかりやすいかと思います。

 

ポニーテールにした毛を3等分し、まずは中央からとめていきます。

画像は中央を止めた状態で、気持ち高さが出るように軽くひねりを加えながらピンで固定します。

 

次に左右に残った毛束をとめていきます。

右側の毛は左から右へひねって止め、左側の毛は右から左へひねってとめましょう。

残った毛先は後で処理するので、この段階では残しておいてOKです。

 

上の髪に波ウェーブをかける

次にトップの作り方です。

トップをまとめていく前に、無造作感を出すために波ウェーブをかけていきます。

 

ここでのウェーブは”ざっくり”で大丈夫です。

あまり綺麗にやりすぎても独特な無造作感が出しづらくなってきます。

 

トップの毛束のとめ方

トップのとめ方ですが、3回にわけてとめていきます。

最終的に右側が一番上にくるようにしたいので、左→真ん中→右の順で整えていくことになります。

 

次に真ん中です。

真ん中部分は(はじめは)ピンをとめる必要がないので、写真のように中央に向かって梳かして置いておくだけでOKです。

 

最後に右側を作ります。

右の毛束を写真のように真ん中部分の上を通り、左側にピンで固定します。

これにより、横から見た時の毛の流れが再現できます。

 

スポンサーリンク

 

トップ引き出す

この段階では、真ん中部分の毛束はしっかりと固定されていないので、簡単に引き出していくことができます。

好みの高さまで引き出したら、スプレーで軽く固めておきましょう。

 

残った毛先をまとめ方

かなり毛先が余っている状態ですので、上から順にとめていきます。

 

 

髪の毛をバランスよく配置していきます。

この時、写真のように筒状になるように丸めて固定していくことで、引き出した時に縦の立体感が出ます。

 

安室さんの横からのシルエットを見ると、けっこう奥行きが引き出されていますので、そこを意識して引き出していきましょう。

そうすることでバランスよく見えてきます。簡単に言えば、(顎を含めて)ひし形のラインに近づける感じ

 

逆にネープ部分に来た毛束を引き出しすぎると、ラインが崩れてしまいます。

ネープ付近はあまりいじらないのがコツです。

 

全体のバランスを整える

毛束を全てとめ終わったら、全体のバランスを見ながら引き出して細かな質感やシルエットを整えていきます。

 

 

最初に残しておいた後れ毛も軽く巻いて微調整したら完成です。

 

正面はこんな感じになりました。

 

かなりメリハリのある引き出し加減です。

あえてボサッとさせるのが今回のアレンジですが、この辺りはお好みで、もっと大雑把にくずしたり、控えめにしたり・・・と加減を変えてしまっていいと思います。

 

横から見た時にひし形のラインになるようにカール部分の奥行き感をしっかりと出しましょう。

 

 

 

まとめ

以上、『brighter day』のヘアアレンジの解説でした!

ポイントは、

  • トップやまとめた部分に高さを出し、しっかりと奥行きを表現(ひし形ラインに近づきます)
  • 安室さんのデザインに近づけるには、正面からのラフでメリハリのある引き出し加減が重要

この2点です。

 

思ったよりも簡単な構成のスタイルで、これといった大きな技術的なポイントありません。

しかし、正面からの引き出しは丁寧に、写真を見比べながら少しずつ合わせていきましょう。あまり出しすぎると、本当に崩れかけに見えるので気をつけてください。

はじめにもお伝えしましたが、構成は難しくないですがセルフでは難易度高めだと思いますので、補助の方に協力してもらうなどして作る事をおススメします。

何かわからない部分などあれば、お気軽に質問してくださいね。

 

その他安室奈美恵さんの髪型記事

【安室奈美恵】2017年紅白での髪型(ヘアアレンジ)を作ってみました

【安室奈美恵】エスプリークCM(2014ver)の髪型の作り方解説

 

YouTube限定『Mint』MVアレンジ

スポンサーリンク