今回は業務用で有名な2つのメーカー、アイビルとクレイツのカールアイロンについてです。

どちらも業務用として、セットサロンなどではよく使われていますが、このメーカーの基本モデルはプロの間でも好みが分かれるくらい特徴に違いがあります。

 

ちなみに僕は、ずっとアイビル派です。

 

最初に入ったサロンではアイビルを使っていて、その後クレイツを試しに使ってみたものの「毛先がするする抜けて巻きにくいな~」と感じたからです。

(やっぱりずっと同じものを使っていると手が馴染むので、とつぜん他のものに変えた違和感のせいもあると思いますが・・・)

 

最近はお客様からも、

「アイビルとクレイツどっちが巻きやすいの?」

と質問を頂く事があるので、基本モデルのアイビルとクレイツ二つのアイロンの特徴と特に”巻きやすさ”の部分に焦点を当てて書いていこうかなと思います。

 

スポンサーリンク

 

アイビルとクレイツ

前提として、どちらのメーカーのアイロンも基本的な機能に問題はありません。

 

ただどちらも挟む強さ、本体の重さ、プレートの滑りなどが全く違うので、好みがとても分かれる所です。

そのため、自分のスキルや髪質に合わせて選んで頂くといいかと思います。

 

アイビルの特徴

まずアイビルは、重さがしっかりとしていて手に持った時に安定感があります。

 

そして、プレートの髪を挟む力が強いので、しっかりと髪を挟んでくれます。

ツルツルした髪質だろうとしっかり挟んでくれるのは、髪の毛が逃げづらく扱いやすいです。

ですが、しっかりと挟んでくれるおかげでプレートの開閉操作(髪を巻き込む時にレバーを浮かす操作)をしないと髪の毛がスムーズに巻き込めないので、慣れていないと操作が難しくなるかと思います。

 

そしてアイビルは温度調節がダイヤル式なので、コテを回す際にダイヤルをいじってしまう場合があるかもしれません。

 

慣れてきたらそこには一切手は触れないのですが、使い始めの時はうっかり手が触れてしまって、温度を知らず知らず操作してしまう事もあります。

プレートの滑りはクレイツよりも若干悪いですが、巻きやすさに影響が出るほどでもないので気にする必要はないかと思います。

 

お値段はクレイツよりも若干安め。

クレイツの特徴

クレイツのアイロンは重さが軽いので、手にもっている感が少なく安定感に欠けます。

重さのあるアイロンに慣れていたら若干違和感を感じるかもしれませんが、女性でしたら軽い方が扱いやすいと思いますし、持ち運ぶ際にも便利なのでそこまで気にする必要もないのかなと思います。

 

挟む力は弱いので、毛先が逃げやすく慣れないと髪質によっては毛先を巻くのに苦労するかもしれません。

 

ですがプレートの挟みが軽いおかげで、開閉操作をあまりしなくても、コテを回すだけでスルスルと髪の毛を巻き込んでいってくれる所はとても扱いやすいです。

 

開閉操作に気を取られない分、巻く方向に集中できるので、器用さに自身のない方はコチラの方が巻きやすいかもしれません。

プレートの滑りは、アイビルよりもよく滑ります。

 

お値段はアイビルよりも若干高め。

 

スポンサーリンク

 

アイビルとクレイツの特徴まとめ

ここで一旦、おおまかな特徴をまとめておきます。

 

アイビル クレイツ
  • 重さがあるので、持った時に安定感がある
  • 重さが軽いので、扱いやすく持ち運びにも便利
  • プレートの挟みが強いので、髪が逃げづらい
  • プレートの挟みが弱いので、毛先が逃げやすい
  • 巻く時には、開閉操作が必須
  • 巻く時の開閉操作は最小限で巻ける
  • プレートの滑り具合はほどほど
  • プレートの滑りはすごく良い
  • 温度調整がダイヤル式なので慣れないうちは触りやすい
  • お値段はアイビルより若干高め

 

アイビルとクレイツどっちを選ぶ?

 

どちらも業務用としてのスペックを満たしているくらいなので、どちらを選んでも間違いはないのですが、初心者の場合はよりご自身の髪質にあった方を選んだ方がいいので、その辺りを補足していこうと思います。

 

まず、ハリ・コシが強く、硬い髪質の方でしたら、しっかりと挟んでくれるアイビルをオススメします。

アイロンの開閉操作は慣れないとちょっと難しいですが、使っていれば必ず出来るようになります!

 

開閉操作は他のカールアイロンを巻く時にも役に立つので、出来るようになればどんなメーカーのアイロンでも巻けるようになっていくと思います。

 

猫っ毛のような柔らかい髪質でしたら、髪の毛が巻き込みやすいのでアイビル・クレイツどちらもいいですが、アイロン操作に慣れていない場合はクレイツを選んだ方がいいです。

クレイツは巻く時の開閉操作が少なくて済むので、コテを回す方向に集中でき失敗が少なくなるかと思います。

 

ちなみに、毛先をわざと逃がして巻く巻き方もありますが、そういった巻き感が好きな場合も、毛先が自然に逃がしやすいクレイツをおススメします。

 

 

まとめ

プロでも好みが分かれる、アイビルとクレイツのカールアイロン比較でした。

 

まとめると、

  • アイビルは挟む力が強い為、ハリ・コシのあるしっかりした髪質の方におススメ。
  • クレイツは挟む力が弱め、その代わり髪の毛が巻きこみやすく全くの初心者でも巻きやすい

です。

 

ある程度アイロンに慣れてくればどれを使ってもそれなりに巻けると思います。

が、全くの初心者の方があってないものを選んでしまうと、それだけで最初のハードルが上がってしまうので、初心者の方にこそ自分にあった使いやすいアイロンを選んでいただきたいです!

 

どちらも手頃な価格帯でとてもいいアイロンなので、参考にしてみてくださいね!

 

  • 初心者の方に向けて髪を巻くのに知っておいた方がいい事と簡単な髪の巻き方を解説しています。

カールアイロン初心者が必ず覚えたい髪の巻き方&基礎知識

 

  • 様々なサイズのアイロンの違いが見たい方へ

写真で徹底比較!ヘアアイロン・コテの太さによるカールの違い

 

  • プロも一般の方も注目する髪が傷まない高級ヘアアイロンについて

 

スポンサーリンク