【ヘアアレンジ】下めポニーテールと三つ編みで きれいめルーズアレンジ

今回は下めポニーテールのテール部分に編み込みを入れて、動きと立体感をプラスしたアレンジの紹介です。

下めは落ち着いた印象になるので、あまり派手にしたくない方にオススメです。

 

こんな場面に

  • 結婚式
  • 二次会
  • 女子会
  • デート …など

ファッションによってフォーマルとカジュアルどちらにも寄せられるので様々なシーンで使えるスタイルです。

 

スポンサーリンク

 

ヘアスタイルのイメージ

下めのポニーテールは落ち着いた印象を与えるので、“可愛い”という印象よりも“キレイ”な印象になりやすいヘアスタイルです。

テール部分に入れた編み込みが立体的に動き、地味になりすぎず、ほどよい品があります。

 

頭の形にコンプレックスがある方でも、毛束の引き出しで奥行きがカバー出来るので頭の形をキレイに見せる事ができます。

 

必要な髪の長さ・毛量

このスタイルをオーダーするのに最適な長さはセミロング〜ロング以上です。

ですが、テール部分の長さが短くなっても良ければもちろん出来ます。

 

毛量はどんな量でも対応できますが、少なすぎるとやりづらくなる場合があります。

 

【ヘアアレンジ】下めポニーテールと三つ編みで きれいめルーズアレンジ

【ヘアアレンジ】下めポニーテールと三つ編みで きれいめルーズアレンジ

【ヘアアレンジ】下めポニーテールと三つ編みで きれいめルーズアレンジ

 

スタイルの作り方紹介

ここからはこのスタイルの作り方の紹介です。参考程度にご覧ください。

 

アレンジの手順とポイントの解説

ベースは全体をゆるめにミックス巻きしてよくほぐしておきます。

あとは作りながら足りない所に25mmのコテとストレートアイロンで巻きを足していきます。

 

スポンサーリンク

 

☆耳から後ろでポニーテールを作る

耳から前と後ろで分け、後ろの毛を下めでポニーテールにし、全体を軽く引き出しておきます。

 

☆ポニーテール部分の作る

ポニーテール部分から毛を少しすくって三つ編みを作っていきます。

網めが3つ〜4つくらいまで編んだら、三つ編みを右でも左でもどちらでも構わないので、ねじっていきます。

 

ねじれたら三つ編みの3本のうちの1束と、下のポニーテール部分から毛を少しもらってきて一緒に結びます。

これでねじった三つ編みが固定されます。

 

結んだ三つ編みを軽く崩した後、ゴム部分の毛束をきゅっと割いて結び目を少し上に寄せていきます。

 

真ん中が出来たら次は左右の毛を少しすくって三つ編みをしていきます。

左右の毛を三つ編み出来たら、真ん中で結び、一回くるりんぱをしてねじれを作っておきます。

 

くるりんぱしたら三つ編み部分をまた少し崩しておきましょう。

 

☆両サイドを作る

両サイドともねじってとめていきますが、一つだけポイントがあります。

サイドの一部分だけポニーテール部分の横に繋がるように落としておきます。

ここを残しておくとポニー部分の横の広がりが出しやすくなります。

 

落とした毛束の上に被せるようにサイドをねじってとめます。

とめたら少し崩しを入れておきましょう。

 

反対側も同じようにとめていきます。

 

☆全体のバランスをみながら整えて仕上げる

全体のバランスを見ながら、カールが足りない所にはカールを足し、引き出しが足りない所は引き出していきます。

最初に引き出して緩めておいたところを中心にさわっていけば引き出しやすいです。

 

逆に手をつけていないところを無理に引き出そうとすると引き出しにくかったり、崩れていってしまうので気をつけてくださいね。

 

まとめ

髪をフルアップにせず、落ち着いた感じや大人っぽくしたい場合にはオススメなスタイルの紹介でした!

 

スタイリングのポイントは、

  • ベースをしっかりと作っておく事

  • 引き出しは柔らかく、ベースで作ったウェーブを活かしながら作る事

の2点を注意して作るとうまくいくと思います!

 

 

スポンサーリンク