『ヘアアレンジ』三つ編みギブソンタック完成イメージ

人気のギブソンタックに三つ編みデザインを加えたアレンジの紹介です。

くるりんぱでセルフでも簡単にまとめる事ができるギブソンタックに、編み込みと三つ編みを加えたデザインでより華やかに。

ウエディングやパーティーにも、背中の開いたドレスと相性のいい下めスタイルです。

 

スポンサーリンク

三つ編みギブソンタックのやり方

 

三つ編みギブソンタックのポイント解説

動画ではわかりづらい部分をいくつかのポイントに分けて解説していきます。

☆トップからの編み込み

三つ編みギブソンタック手順

トップからネープにかけて2本の編み込みを入れていきますが、1本目の編み込みを入れる際、最初のスライスはトップから取ります。

そうする事で、フロント側から見た時に繋がりが良くなります。

 

トップからスライスを取ったら、正中線(身体の中心)を避けるようにジグザグにスライスを取りながらネープまで編んでいきます。

 

三つ編みギブソンタック手順

2本目の編み込みは1本目を編んだ残りの毛束で編んでいきます。

1本目の編み込みの毛の量を取り過ぎていると2本目の編み込みが小さくなり左右対象にならなくなるので注意が必要です。

 

☆両サイドの編み方

三つ編みギブソンタック手順

編み込みっぽく見えるかもしれませんが、サイドは普通に三つ編みをしていくだけです。

スライスの取り方はサイドの毛束を横ぎみの斜めスライスで三つに分け、それを三つ編みしていきます。

 

三つ編みギブソンタック手順

片サイド編んだらヘアクリップで仮止めし、反対サイドも同じように編んでいきます。

両サイド編めたら三つ編みを頭の正中線に合わせてゴムで結んで固定します。

 

スポンサーリンク

 

☆編んだ毛束を巻き込んでいく

三つ編みギブソンタック手順

先ほどゴムで結んだ三つ編みを上から一回くるりんぱします。

その後、最初に編んだ二つの三つ編みをくるりんぱした三つ編み部分に片側ずつ通していきます。

 

三つ編みギブソンタック手順

髪の毛が長くかなり余ってしまう場合は余った毛束の三つ編みを一旦ほぐし、全て合わせて三つ編みした後、さらに巻き付けていきます。

 

☆毛先の処理~ピン打ち

三つ編みギブソンタック手順

ちょうどいい長さまで巻き付けたら、毛先をしまいこみピンで止めていきます。

動画では2か所ほどしか打っていませんが、髪質や毛量が個人で違うので、位置をずらして何か所かピンを足しておくと安心です。

 

☆仕上げ

三つ編みギブソンタック手順

ピンを打って固定出来たら、もう一度全体のバランスを見ながら引き出したりシルエットを手で整えたら完成です。

飾りはバックカチューシャや大ぶりのバレッタ等つけると相性ばっちりです!

 

スポンサーリンク